休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

本の鑑賞

このミス 2024年版

20240128(了) 『このミステリーがすごい! 2024年版』 20231205/雑誌/宝島社 本の(≒新刊の)情報は、映画と同じで、ほとんど新聞から。 週一回の新刊評。月一回程度の書評。年一回年末の30数人の各界のプ ロフェッショナルによる「今年の3冊」なん…

『高瀬庄左衛門御留書』 砂原浩太朗

(素敵な時代小説でした) 20240113(了) 『高瀬庄左衛門御留書』 砂原浩太朗 一年目 おくれ毛/刃/遠方より来る/雪うさぎ/夏の日に 二年目 嵐/遠い焰/罪と罠/花うつろい/落日 2012年/時代小説/講談社/単行本/中古 <★★★★> 神山藩という、どの…

「怖い絵 2」 中野京子

20231227(了) 「怖い絵 2」 中野京子 作品1 レンブラント『テュルプ博士の解剖学実習』 1632 作品2 ピカソ『泣く女』 1937 作品3 ルーベンス『パリスの審判』 1632-35 作品4 エッシャー『相対性』 1953 作品5 カレーニョ・デ・ミランダ『カルロス二世』 1…

烈風/ディック・フランシス

20231130(了) 烈風/ディック・フランシス SECOND WIND by Dick Francis ⓒ 1999 訳者:菊池光 2004年11月/ハヤカワ・ミステリ文庫/競馬シリーズ/中古 <★★☆> ディック・フランシスの読み残していた作品。これでやめにするつもりで、本 棚にずっと放りっぱなしにして…

漫画;「未来のアラブ人」③/リアド・サトゥフ

20231112(了) 未来のアラブ人③ ―中東の子ども時代(1985-1987) 第11章~第16章 作/リアド・サトゥフ 訳/鵜野孝紀 2020年11月/マンガ/花伝社/共栄書房/単行本/中古 <★★★△> 第11章 アサドの独裁政権下のシリアでの生活が続いている。親戚たちに囲…

『我が友、スミス』 石田夏穂

20231104(了) 『我が友、スミス』 石田夏穂 2022年1月/集英社/小説/単行本/中古 <★★★☆> 変わった小説、読みました。帯には「筋肉文学」という言葉。 そもそもボディ・ビルのことなんぞ全く知らないもんで、鍛え方(あるいは種 目)やそのための道具…

ロシアは今日も荒れ模様/米原万理

20231022(了) ロシアは今日も荒れ模様/米原万理 第一章 酒を飲むにもほどがある 第二章 反アルコール・キャンペーンの顚末 第三章 その前夜 第四章 連邦壊れてまだ日の浅ければ 第五章 肖像画コレクション 第六章 ロシア人との交渉術 エピローグ――日本海…

『カラスの教科書』/松原 始

明日のために今日も食う 20230918(了) カラスの教科書/松原 始 序 明日のために今日も食う この本に登場するカラスたち 第一章 カラスの基礎知識 カラスという鳥はいません いや、いるんですけどね カラスの一生 昔は仲間とつるんでブイブイいわせたもんで…

塀の中の美容室/小日向まるこ

20230922(了) 漫画「塀の中の美容室」/小日向まるこ The Depth of the Sky 原作;桜井 美奈 第1話 芦原 志穂 第2話 刑務官・菅生 第3話 鈴木 公子 最終話 小松原 奈津 特別編 エピローグ 2020年9月/漫画/小学館/初出「ビッグコミック」2020年/中古 <★★…

杉浦日向子/『合葬』

20230802(了) 杉浦日向子/『合葬』 ハ・ジ・マ・リ 一~七、了、長崎より あとがき 解説 小沢信男 1987年/漫画/ちくま文庫//1982-83「ガロ」掲載/1983青林堂(章追加)/ 中古 <★★★△> 江戸好きだった杉浦日向子さん(1958-2005)の初期の漫画で、「上野…

「動的平衡    生命はなぜそこに宿るか」/ 福岡伸一

20230717(了) 『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るか』/ 福岡伸一 「青い薔薇」――はしがきにかえて プロローグ 生命現象とは何か 第1章 脳にかけられた「バイアス」 ――人はなぜ「錯誤」するか 第2章 汝とは「汝の食べた物」である ――「消化」とは情報の…

『地球外動体視力ゴルファー』/杉山英隆

アマチュアゴルファーの夢想 20230603(了) 『地球外動体視力ゴルファー』/杉山英隆 1,カリフォルニア州 パロス・バーデス 2,カリフォルニア州 ロサンゼルス 3,オレゴン州 ポートランド 4,日本 京都 5,ジョージア州 オーガスタ 6,アラウンド・ザ・ワ…

『怖い絵』/中野京子

20230521(了) 『怖い絵』/中野京子 まえがき 作品1 ラ・トゥール『いかさま師』 作品2 ドガ『エトワール、または舞台の踊り子』 作品3 ティントレット『受胎告知』 作品4 ダヴィッド『マリー・アントワネット最後の肖像』 作品5 ブロンツィーノ『愛の寓意…

マーク・グリーニー/「暗殺者グレイマン」

20230507(了) マーク・グリーニー /「暗殺者グレイマン」(新版) 2022年7月/小説/冒険物/早川文庫/伏見 威蕃(訳)/中古 <★★★☆> たまにはドンパチ。ミステリーじゃない。ずばり殺人がお仕事の男の話。 その「彼」がひどいはめられかたをする。ま…

『交通誘導員 ヨレヨレ漫画日記』

20230422(了) 『交通誘導員 ヨレヨレ漫画日記』 原作;柏耕一/漫画;植本勇/脚本;堀田孝之 まえがき 某月某日 トイレ掃除 某月某日 わからず屋 某月某日 当事者になった日 某月某日 お金の話 某月某日 夜勤明けの出来事 某月某日 通行止 某月某日 猛女 …

『御奉行の頭の火照り/物書き同心居眠り紋蔵』 佐藤雅美

20230415(了) 『御奉行の頭の火照り /物書き同心居眠り紋蔵』 佐藤雅美 (1) 御奉行の頭の火照り (2) お姫様みわ一世一代の大舞台 (3) 手柄の横取り (4) 島帰り勘七への思いやり (5) 勘太の恩返し (6) 十日以内に二人を殺す (7) 御奉行の逆…

『クモのイト』中田兼介

20230331(了) 『クモのイト』中田兼介 はじめに この本に出てくる主なクモたち 第一章 クモと人間の不思議な関係 コラム クモの名前のオシャレ心 第二章 クモのことあれこれ コラム クモの飼い方 第三章 クモの網、最強説 コラム 八本は八本でも 第四章 恋するクモ…

物理学者、SF映画にハマる 高木裕一(著)

20230227(了) 物理学者、SF映画にハマる 「時間」と「宇宙」を巡る考察 /高木裕一(著) はじめに 第1部 「時間」を巡る 第1章 タイムトラベルの可能性と限界 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ 第2章 過去に戻った捜査官に自由意志はある…

ロバート・ベイリー『ゴルファーズ・キャロル』

20230314(了) 『ゴルファーズ・キャロル』 ロバート・ベイリー THE GOLFER'S CAROL by ROBERT BAILEY 練習ティー 第一ラウンド 第二ラウンド 第三ラウンド 第四ラウンド 著者あとがき 謝辞 訳者;吉野弘人/あとがき 2021年11月/小学館/小説/単行本/中…

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳碧人

20230219(了) 『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳碧人 (1)一寸法師の不在証明 (2)花咲か死者伝言 (3)つるの倒叙がえし (4)密室竜宮城 (5)絶海の鬼が島 2019年/ミステリー/単行本/双葉社/中古 <★★★△> 話題になったか、そこそこ売…

もうすぐいなくなります 絶滅の生物学 /池田清彦

20230208(了) もうすぐいなくなります 絶滅の生物学 /池田清彦 はじめに 第一章 「強制終了」のような絶滅 第二章 「絶滅」にはさまざまな理由がある ――「絶滅」と「進化」の関係 第三章 人間が滅ぼした生物と、人間が保護しようとする生物 第四章 「絶滅…

『このミステリーがすごい! 2023年版』

『このミステリーがすごい! 2023年版』 雑誌/2022・12・19/宝島社 今回も購入。昨年末。750円。 ま、年に一回ですからね。急ぐことはない。で、放置していましたが、やっと 目を通しました。今回の国内編1位は 『爆弾』 呉 勝浩 講談社 海外篇1…

極北/マーセル・セロー

20230122(了) 極北/マーセル・セロー 1章~4章 訳;村上春樹 2012年/小説/中央公論新社/単行本/中古 FAR NORTH by Marcel Theroux ⓒ 2009 <★★★★△> たくさんのメモの中から、以下のようにしました、デタラメだけどネ・・・ 何か書きつ…

未来のアラブ人②― 中東の子ども時代(1984-1985)

未来のアラブ人② ― 中東の子ども時代(1984-1985) 第5章~第10章 作/リアド・サトゥフ 訳/鵜野孝紀 2020年4月/マンガ/花伝社/共栄書房/単行本/中古 <★★★△> 一作目は去年の11月の初めごろにアップしました。 第5章 一作目からの続きなんで、第5章…

ピサロ ――永遠の印象派

20221227(了) ピサロ ――永遠の印象派 クレール・デュラン=リュエル・スノレール 著 遠藤ゆかり 訳/藤田治彦 監修 第1章 アンティル諸島からパリへ 第2章 印象派の冒険 第3章 印象派から新印象派へ 第4章 最後の住居エラニーと最初の成功 第5章 都市…

小説『楽園の真下』/荻原浩

20221218(了) 小説『楽園の真下』/荻原浩 2022年4月/小説/エンタメ(ホラー系?)/文春文庫/(2019年単行本)/中古(娘より) <★★★☆> 「日本で一番天国に近い島」が地獄になる 巨大カマキリ来襲! 2800人ほどの人口があるが、たいていひとっところに固…

佐藤正午/『月の満ち欠け』

20221204(了) 佐藤正午/『月の満ち欠け』 2017年/小説(ミステリー系)/単行本/岩波書店/中古 <★★★☆> そこそこ長く積読していたものから。もっと古いものがいっぱいあるのに。 ただ、古いものは新し目のものより活字が小さくて、正直シンドくなっちまい ます…

猫語の教科書/ポール・ギャリコ

すぐ隣にいる「野生」が家を出入りする・・・なんて感覚じゃないね 20221116(了) 猫語の教科書/ポール・ギャリコ /訳者 灰島かり 編集者のまえがき 第1章 人間の家をのっとる方法 第2章 人間ってどういう生き物? 第3章 猫の持ち物、猫の居場所 第4…

立川談春/赤めだか

20221108(了) 立川談春/赤めだか (1)「これはやめとくか」と談志は云った。 (2)新聞配達少年と修業のカタチ (3)談志の初稽古、師弟の想い (4)青天の霹靂、築地魚河岸修業 (5)己の嫉妬と一門の元旦 (6)弟子の食欲とハワイの夜 (7)高田文夫と…

時代小説「物書同心居眠り紋蔵 わけあり師匠事の顚末」

20221014(了) わけあり師匠 事の顚末 物書同心居眠り紋蔵/佐藤雅美 ㈠ 密通女の思う壺 ㈡家督を捨てる女の決意 ㈢真綿でくるんだ芋がくる ㈣にっと笑った女の生首 ㈤御奉行に発止と女が礫を投げた ㈥牢で生まれ牢で育った七つの娘 ㈦霊験あらたか若狭稲荷…