休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

バラダ/3つの協奏的作品

20191229(了)
バラダ/3つの協奏的作品 Leonardo Balada (1933-)

(1)ピアノと管弦楽のための協奏曲 第3番         (1999)
  ①6:35 ②8:19 ③9:06
(2)ギターと管弦楽のためのコンチェルト・マジコ    (1997)
  ④太陽 6:17 ⑤月 12:17 ⑥妖精 6:49
(3)フルートと管弦楽のための音楽         (2000)
  ⑦10:36 ⑧10:11

  ローサ・トレス=パルド(ピアノ)/エリオット・フィスク(ギター)/
  マグダレナ・マルティネス(フルート)
  バルセロナ交響楽団&カタロニア国立管弦楽団
  ホセ・セレブリエール(指揮)
  録音;2000年7月、スペイン、バルセロナ、サラ・シンフォニカ・オーディトリ Tot.70:11
  CD/現代音楽/協奏曲/Ⓟ&ⓒ 2001 Naxos/中古
  <★★★△>

f:id:kikuy1113:20200123024957j:plain

またバラダです。これじゃ誰も読んでくれないネ。

 

〈帯紹介文〉 スペインの民族音楽と所謂クラシック音楽とのおつきあい
の例は枚挙に暇がありませんが、その歴史に新たな1ページを付け加える、
バラダの思いっきり個性的な協奏的作品3曲です。バリバリの前衛風とい
うわけではなく、相当露骨に民族音楽的要素を取り込んでるのですが、
かといって陳腐な異国趣味にに堕するどころか、いまだかつてない新鮮
な音楽が生まれています。どの曲も粒ぞろいの出来栄えでそれぞれに独
奏楽器の特色が生かされていて大変面白い・・・ やはりイチオシはギタ
ーをフィーチャーしたコンチェルト・マジコでしょう。情熱的なフラメ
ンコギターと複雑に書き込まれたオーケストラパートの融合は、想像を
超えるカッコよさです。


全て世界初録音だそうです。

 

(1)いわゆる現代的なテクニックを用いたものではないですね。方法その
ものは新しくはない。けれど、お祭りっぽい細かい音がピアノソロもオケ
も積み重ね積み重ね、まるでクラスター。これが第一楽章。第二楽章は若
干不気味なエスニック風味というか、結局スペインに残った「イスラム
が匂うというか、そんなスペインのムードの一つを強調して見せてくれて
いるような感じ。第三楽章は、フラメンコやいわゆるスペインらしさをゆ
ったりと始め、何か別物に変容し始めるみたいな感じになるも、ピアノ協
奏曲に踏みとどまって、カラフルに盛り上がる。踏みとどまるって感じが

面白い。

 

(2)あまり好きなほうではないギター協奏曲ですが、大体は上記ピアノ協
奏曲と似たような印象になりそうです。
フラメンコと同時に少しおどろおどろしい感じをオケが醸す第一楽章。夜の
闇の神秘性や混沌の第二楽章。広がっていきつつある宇宙のようなサウ
ンドもある。長い楽章で、たくさんの楽想があって現代音楽っぽいところも
ちょろちょろ聴かせてくれるのが、いかにもバラダ。いろんな踊りを組み合
わせたような最終楽章は、テンポこそ速いが、第二楽章の半分の長さな
のにまとまらず、聴いているほうとしてはいささかくどく感じる。「アラン
フェス」にはちょっと勝てないでしょう。

 

(3)この中では最も作曲年が新しい。
不穏な弦、キラキラ聴こえる打楽器やピアノなどに支えられて、フルートが
音程を尺八のようにずり上げたりずり下げたりなんかもする。決して日本風
じゃないけれど、スペインらしさもあまり感じない。
第一部はどこかおっとりしたふう。
第二部は(2)の終楽章同様、盛りだくさんだけれどまとまらない感じなの
で、いささかくどく感じる。でも、生だとけっこう楽しいかも。

 

全体に繊細な音作りで魅力的でした。せんだっての「三人のパブロもの」が
面白かったアルバムより、手法的に新しいというわけではないが、作曲は新
しく、それもカラフルさに関してたいそう進歩しているみたい。
どの曲もどの楽章もまとまりを欠くきらいはある(それは評価・好き嫌いの
判断材料になってしまった)ものの、民謡調と現代的イディオムや技法の
アラベスクとでもいうようで、わかりにくさはなく、楽しい。
オケは先の「三人のパブロもの」よりはるかに引き締まっていて、それな
りに有名な指揮者(セレブリエール)のせいかもしれませんね。録音もよ
かった。

 

これで去年のメモ分が終了です。

「妻を帽子とまちがえた男」

20200105(了)
オリバー・サックス/妻を帽子とまちがえた男
Oliver Sacks:THE MAN WHO MISTOOK HIS WIFE FOR A HAT
                     (訳)高見幸郎・金沢泰子
 はじめに
(第一部) 喪失
①妻を帽子とまちがえた男
②ただよう船乗り
③からだのないクリスティー
④ベッドから落ちた男
⑤マドレーヌの手
⑥幻の足
⑦水平に
⑧右向け、右!
⑨大統領の演説
(第二部) 過剰
⑩機知あふれるチック症のレイ
⑪キューピッド病
アイデンティティの問題
⑬冗談病
⑭とり憑かれた女
(第三部) 移行
追想
⑯おさえがたき郷愁
⑰インドへの道
⑱皮をかぶった犬
⑲殺人の悪夢
ヒルデガルドの幻視
(第四部) 純真
㉑詩人レベッカ
㉒生き字引き
㉓双子の兄弟
自閉症の芸術家
  訳者あとがき(高見幸郎)、参考文献

  初版1992年/晶文社単行本/医学エッセイ/中古
  <★★★★>

f:id:kikuy1113:20200121010501j:plain

この著者と書名を知ったのはえらい前ですが、「レナードの朝」以来、ほ
んとに久々にサックス、手に取ってみました。
書かれたのは1985年ですから、その後脳の研究はおおいに進み、脳学ブー
ムも起きるに及んで、知見としては少し古臭いのかもしれないけれど、ホ
モサピエンスなんてそんなに変わるまい!と気にせず。

朝方、寝る前に、気が向いたら一篇を時々読むというスタイルで読みー進
めたので、いつ果てるとも知れないような読書になってしまいました。
あまりにも時間がかかってしまったので、印象もいたって散漫なんですけ
どね、まあ読了は読了。
ご本人が相当つらい状況であることが多いのに、不謹慎なのですが、笑っ
てしまうことが多かった。

4つに分けて「喪失」「過剰」「移行」「純真」。便宜的かと思ったので
すが、しっかり意味があったのですね。でも、メモをしたのは「喪失」の
ものが断然多かった。

第一部からは、やっぱりタイトルにもなっている①でしょうか。この章は
‘喪失’で、ズバリ失認症がほとんど。とてもインパクトのあるおもろいタ
イトルです。この男は視覚的失認症で、特に顔貌失認症。インテリさんな
んだけど、顔というものを認識できない、変だとも思わない。だから奥さ
んを見ても奥さんの被っている帽子しかわからない・・・

第二部の‘過剰’からは、⑪の「キューピッド病」。若い時に梅毒を写され
ていたが出ず、なんと70年もの潜伏期間を経て88歳になってから梅毒のス
ピロヘータが活動を開始、神経を刺激し始めたことが分かった。その症状
というのが、若い男を見ると若やいで心ウキウキ、大はしゃぎ。一線(?)
を越えそうになったりする。もう一年近くも続いている。命にかかわるし、
ペニシリンのようなもので直るんだが、本人は幸せなので直してほしくな
いと主張・・・

⑫「アイデンティティの問題」は、コルサコフ症候群で、記憶が5分どころ
か、5秒しか持たないと言ってもいい男の話で、必死に物語を作ってアイデ
ンティティ守ろうとする。話の創作がものすごくうまいのだが、その必死
さに負っている。シーンとなっちゃう。

(映画でもこんな症状のものありましたネ)

第三部‘移行’からは「皮をかぶった犬」なんかどうでしょう。
薬物の常習者が、非常に嗅覚が鋭くなってしまう話。いろんなものが嗅ぎ
分けられるようになる・・・目をつぶっていても人がわかる。感情や性の
状態までわかる。(薬物はアンフェタミンのよう)
・・・ワタシは今犬を飼っていて、常々不思議に思っています、あの嗅覚
による厖大な臭気情報をいったいどう処理しているのかのメカニズム・・・
この能力の話は、退行してしまって、二度と復活しないまま終わってしま
うのが妙に残念。ワタシも一度経験したい。

最後の‘純真’は発達障害(様々)だけれど、サヴァン症候群でもあって、
欠陥を探されるだけでは見つからない、非常に優れた(場合によっては天
才的な)面を持っている患者を扱っている。アメリカの面白いテレビドラ
マ『グッド・ドクター』の設定そのものといってもいいような外科医の卵
のお話とそっくり!㉑は詩や演劇、㉒は音楽の記憶。

f:id:kikuy1113:20200121012244j:plain

 

ちょっとだけ紹介しました。

映画や物語を紡ぐ人なんかには、ネタの宝庫かもしれません。
頁の隅っこをあちこち折ってしまいました。
こんな読み方もたまにはアリかも。でも、要するに本を読む時間が作れて
いないだけのこと。

MLB&分断・・・「アメリカらしいもの」2題

どちらもアメリカ的と言い切る自信はないのですが・・・

MLBのルール違反」&「分断修復に働くベクトル」

MLB

f:id:kikuy1113:20200119000850j:plain

(1/15)

センターの外野席からなんだろうね。相手キャッチャーのサインを学習
し、盗んだ球種・コースなどを、ベンチ経由で何とかさっと打者に伝え

る・・・

打者にとってどれだけメリットがあるかって、、、そりゃ測り知れない。
これが違反だとルールブックにあるかどうかは知らない。
でもまあ、それは絶対アカンわ。
噂というか、NHK-BSの実況中継中にも話題に上っていたはずで、だか
らワタシでも一応知ってはいて、そういうこともやっているかもねと思
ってはいました。でもあのヒンチ監督が意図的にやっていたらしいとは
正直ビックリ。バドミントンの桃田選手の大事故、怪我の話題も吹っ飛
んじゃった。

来期のアストロズにはヒンチ監督がいない!(GMもだけど、こっちは馴
染みがない)
それに、疑惑の実行部隊が、レッドソックスのコーラ監督(当時はアス

トロズのコーチ)だったんだそうで、となればコーラ監督も危ないんじ

ゃない?

 

f:id:kikuy1113:20200119001122j:plain

(1/16)

ああやっぱり。コーラ監督もアウト!
ヒンチ監督とコーラ監督という、MLBを代表するような強いチームの
監督二人が退場してしまう。
MLB全体にも様々に影響が及ぶだろうなぁ。大谷選手のピッチングど
ころの騒ぎじゃない。

MLBのちゃんとしたファンなら先刻承知の内容で、単に決定内容を待
っているだけだったのかもしれません。

 

〇分断修復に働くベクトル・・・

f:id:kikuy1113:20200119005429j:plainf:id:kikuy1113:20200119005446j:plainf:id:kikuy1113:20200119005510j:plainf:id:kikuy1113:20200119005526j:plain

藤純子解説員も書く「多事奏論」、村田沙耶香さんの長文の寄稿
(これも面白かったです)の下にこんなのがあった。仰天しました。
“米国の「復元する力」”と締めている。
日本じゃまず考えられない・・・てのは間違いじゃないが、いやー、
要するに、ワタシの想像力をあまりにも超えている。捏造や創作と

いう言葉も一瞬思い浮かべちゃった。

ほかでも取り上げてくれないものだろうか。

 

砂上の楼閣 増殖中

蟻川恒正/憲法季評
桜を見る会改憲/「定義」を放棄するならば(1/16 朝刊)

f:id:kikuy1113:20200118023207j:plainf:id:kikuy1113:20200118023221j:plainf:id:kikuy1113:20200118023238j:plainf:id:kikuy1113:20200118023254j:plainf:id:kikuy1113:20200118023304j:plainf:id:kikuy1113:20200118023321j:plain

安倍政権をダメだとかアブナイとか説明するのに、これだけの文章が要るとす
れば、こんな大変なことはない。すくなくとも、カミサンと議論したり、職場
の雑談で言えることじゃない・・・ 

ことほど左様に・・・
たとえばだよ、街頭インタヴューなんてのがあって、マイク突きつけられて、
どう思うかと問われ、みんなここまで言えたら、カットされるにしても、そも
そも安倍政権はとっくの昔に退場している。
「ほかに考えられる首相・政権よりマシそうだから」のような答えなら、わざ
わざ流すまでもなかろう、とつい思うが、、、そうもいかない。

プーチンさんが内閣を総辞職させ、『院政』を敷く準備を始めたんじゃないか
という今日の記事を知って、あの方は「(改憲に届くまでは)オレもやりたや」

と思ってらっしゃるかしらん・・・

 

同じ日、短いコラムにこんなのがあった。

f:id:kikuy1113:20200118024212j:plainf:id:kikuy1113:20200118024229j:plain

上の長い文章と、重なるところがある気がしました。

女性の切り替えの早さは、正しい

20200102(了)
映画『ブッシュウィック 武装都市』

  監督;カリー・マーニオンジョナサン・ミロ //
  デイヴィッド・バウティスタ/ブリタニー・スノウ
  2017年製作/94分//アメリカ/原題:Bushwick/DVDレンタル
  <★★☆>

f:id:kikuy1113:20200117005354j:plain

正月の行事的なことがひととおり終わった夜の鑑賞・・・

〈映画.com解説から〉 突如戦場と化したニューヨークの市街地に放り込
まれた大学生が、謎の男ともに生き残りをかけた戦いに挑む姿を描いた
サバイバルアクション。家族に会うためにニューヨーク州・ブッシュウィ
ックにある地下鉄の駅に降りた大学生のルーシー。地上に出たルーシーの
頭上をヘリや戦闘機が旋回し、銃撃戦が繰り広げられている地上では銃弾
が飛び交い、ミサイルが容赦なく落下・・・見慣れた街は地獄のような戦
場に成り果てていた。突然のことに戸惑い、逃げるしかないルーシーは謎
の男スチュープと出会いにより、自らも生き残るために戦うこととなる・
・・  長回しを多用した撮影で、全編を通してわずか10カットで描かれて
いる・・・


がらーんとした地下鉄の駅を彼氏と上ったら、音で気づきそうなものなの
に、地上は戦場・・・ 面白いシチュエーションドラマみたいだとレンタ
ル。当然この修羅場の意味はなんだなんだと思いながら観続けることにな
ります。それは書けません。
SFですが、あながち荒唐無稽な設定と言えないものかもしれません。

ルンルンで彼氏と地下鉄の駅から出ようとして唐突に彼氏を失ってしまう
のが主役の女子大生。彼女を助ける屈強な大男はビルの管理人。とはいえ
軍隊で精神的に疲弊してしまった衛生兵。ほかにはやや蓮っ葉・狭量で、
マリファナだかハッシッシのようなものに手を染め始めている彼女の妹。
ほかには、ゴッドマザーと荒っぽい部下たち。これぐらいが主な出演者。
あとはたくさん出てくるが、群衆。

エンディングを嫌がる方は多いかもしれませんが、つまるところこの設定
全体の是非が大きな問題かもしれません。ワタシはけっこう面白いと思い
ました。ただし、もっとお金をかけて緻密に描いたら、もっともっと面白
くなるようなネタだったかもしれないような気がします。
それからわずか10カットであること。多分これも売りなんやね。でも、ワ
タシには、だからどうなの?それって、作り手のほうが拘りたいだけで、
観る側はことさら拘ることじゃないのでは? 
・・・今更ですが、ワタシはこの程度です。

ザ・ハイローズ、もう卒業します

20191223(了)
バック・アゲイン/ザ・ハイローズ
BACK AGAIN/THE HI-LO'S 
 1. シームズ・ライク・オールド・タイムズ
 2. サニーがブルーに
 3. ライフ・イズ・ジャスト・ア・ボウル・オブ・キェリーズ
 4. アイ・リメンバー・ユー
 5. マイ・ファニー・バレンタイン
 6. 降っても晴れても
 7. エブリシング・マスト・チェンジ
 8. ミスティー
 9. ゼン・アイル・ビー・タイアード・オブ・ユー
 10. ジョージア・オン・マイ・マインド

  〈パーソネル〉ジーン・ピュアリング、ドン・シェルトン、クラーク・バローズ、ボブ・モーズ
   ヴォーカルアレンジ:ジーン・ピュアリング/オーケストラアレンジ&指揮:ロブ・マッコネル
   録音:1978年、ヴォーカル:ドイツ、インスト:カナダ
   CD/1999/ジャズヴォーカル/ポリドール/MPS/邦盤/中古
   <★★★★>

f:id:kikuy1113:20200115004133j:plain

(メディア掲載レビューほか) ・スイングジャーナル選定ゴールドディスク
 コレクション・シリーズ、ハイ・ローズ編。シンガース・アンリミテッド・
 プロデュースによる「シームズ・ライク・オールド・タイムズ」「サニー
 がブルーに」他、全10曲を収録・・・


1970年台のおしまいごろに、これがLPで出た時を覚えています。すでに
シンガーズ・アンリミテッドを知ったあとだったので、こりゃあいい、スイ
ングジャーナル選定ゴールドディスだし、などと思ったんだったが、その後
手に入れることもなく、こっちもジジイになってしまった。なぜか急に聴い
てみる気になった。たしかこのLPが売れたという記憶はありません。

 

録音年から見て、シンガーズ・アンリミテッドの活動期間中。ジーン・ピュ
アリングはシンガーズ・アンリミテッドで成功を勝ち取っていた。そんな時
に、かつてのハイローズの仲間がまた歌いたがっているとか、やり残したこ
とがあるとかでもって、もう一度集まってアルバムを製作したのだろう。
ほとんどスタンダードナンバー。
サウンドは、一言で言って、シンガーズ・アンリミテッドの女性抜き版。
オケのアレンジは概して品よく、重くならないのがいい。ヴォーカルのほう
も、やや軽め。ピュアリングのアレンジは、凝ってはいるものの、シンガー
ズ・アンリミテッドの時ほどしつこくはない・・・
多重録音やってるのかなあ、やってるような気もするが、ハイローズとして
は、‘沽券にかかわる’みたいな理由で、やっていないような気もする。
とにかくハーモニーがね、ほとんど完璧。

 

このCDは珍しく邦盤なので、日本語のライナー付き。青木啓さんの名があ
る。懐かしい。
再結成したとはいっても、ジャズ・フェスティヴァルでライブをやって評
判をとり、この録音も成し遂げたが、その後はライブもアルバム作りもや
らなかったみたい。こんなアルバムが作れたものだから、この次も期待さ
れただろうなぁ。

 

ザ・ハイローズの古い録音は、もういいや。
「ほしいものリスト」から削除することにしよう。

狼 ⇒ 犬

f:id:kikuy1113:20200113001618j:plain

20191230(了)
映画『アルファ 帰還りし者たち』 ALPHA

  アルバート・ヒューズ監督//コディ・スミット=マクフィ
  2018年製作/96分/アメリカ/原題:Alpha/DVDレンタル
  <★★★>

きっと、アーとかウーとかばかりで、セリフはないんだろうと思ってまし
た。
2万年前だそうな。場所は氷河期のヨーロッパ。言葉を喋っている。その
言葉はどこかインディアンのものに似て聞こえる。
アメリカ映画だからインディアンの言葉を使った、なんてことはまるであ
てずっぽうですが、振り返ってみると、雄大な景色はアメリカやカナダの
感じではありましたね。

少年は青年になりかけ。性格は優しい。
芯は決して弱くないが、生きるためとはいっても動物を狩ることに抵抗が
ある。自分たちの命をつなぐ生き物である野牛を集落の男たちと遠く狩り
に出かける。
この狩りができなきゃ大人になれないようなんだが、果たして彼は、とい
う導入。
しかし彼は狩りの最中運悪く崖から落ちてしまう。見える段で止まるも、
上からも下からも行く手立てがなく、上から見た限り動かないため死んだ
と思われ、置き去りにされる。
意識を回復してから、九死に一生レベルの運で崖から落ちて助かり、右足
首を脱臼しながらも、故郷を目指す大冒険を始める。極寒がやってくる。
帰り始めてすぐ、襲ってきた狼たちの一頭を深く傷つけ、この映画の主題、
同じように見捨てられたようなそのオオカミとのやむを得ない助け合いの
ぎくしゃくした付き合い、になる。超縮小版「狼⇒犬」の歴史・・・

副題に「たち」と入れちゃっているので、ああ両方生きて帰れそうだな、
と分かるんですが、なかなか楽しく見ましたよ。ワタシは映画愛を感じた
なぁ。ただ犬を飼ったことがない人は、この映画評価しないかも・・・

オオカミ役は上手く撮られていました。CGも駆使してはいるとはいえ、
演技もなかなか上手。もちろんきっと大変な撮影だったでしょう。
文句をつけるというんじゃないですが、このオオカミ、ワタシの目からは、
所作も目つきもすでに「犬」でしたけどね。

なんてシレーッと書きましたが、特典映像でわかってしまったんです、こ
れが犬だって。
チェコスロバキアン・ウルフドッグ」という。オオカミと犬(犬種言っ
てくれたかなあ・・・)のハイブリッド種。半分はオオカミなんだからオ
オカミらしく見えたのも当然だったのですね。

普段は実に人なつっこい頭のいい犬。何頭もテストをして選んだそうな。
何頭もというなら何種もでしょう、シベリアン・ハスキーなんかもテスト
を受けただろうが、ハスキーの眼の色だったら逆に嘘っぽさなりが出ちゃ
ったかもしれません。とにかく、かっこいい犬でした。
こういう犬種、一度は飼ってみたかった。

   f:id:kikuy1113:20200113001831j:plain

     (シベリアン・ハスキー、映画とは関係ない写真です)


音楽、プリミティヴな感じや素朴さを強調するばかり。わかるけれど、あま
りに常識的で面白くなかったです、残念。もっとジャンジャン鳴らすか、う

んと前衛的なものにするという発想もありだったんじゃないか。

(賛成票は少なそう・・・)

そうそう、このオオカミの雌雄がはっきりしていなかったことに、おしまい
になってやっと気づかされます。