休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

ツェムリンスキー:管弦楽伴奏つき合唱作品および歌曲

f:id:kikuy1113:20191020131941j:plain

20191009(了)
ツェムリンスキー Alexander Zemlinsky(1871-1942);
 管弦楽伴奏つき合唱作品および歌曲全集
 Complete choral works and orchestral songs

〈CD1〉オケ伴付き合唱作品 78:01
①. 詩篇 13 Op.24 (1935)           13:11  
②. 詩篇 23 Op.14 (1910)           10:15  
③. 詩篇 83    (1900)           14:07  
    ソプラノ(M・Mainke)、コントラルト(A・C・Schlüter)、
    テナー(Y・D・Park)、バス(Stefan・Kohnke)
④. Frühlingsglaube               4:25
   「春の信仰」(ルートヴィッヒ・ウーラントの詩による)
⑤. Geheimnis                   1:29
   「秘密」 混声合唱弦楽合奏
⑥. Minnelied                  5:04
   「愛の詩」(ハイネの詩による) フルート(2)、ホルン(2)、ハープ
⑦. Hochzeitsgesang               3:20
   「婚礼歌」(ユダヤ教典礼による) テナー(Lothar Blum)、オルガン
⑧. Aurikelchen                 1:12
   (デーメルの詩による) 女声合唱〈Mülheimer Kantorei〉
Frühlingsgräbnis (1896/97、1903)       24:14 
   「春の埋葬」パウル・ハイゼの詩によるカンタータ (Live recording)
 ⑨. Horch! Vom Hügel, welch sanfter Klang
 ⑩. Schöner Jüngling
 ⑪. Wie lieblich er ruht
 ⑫. Stumm in Wehmut schaut der Mond herab
 ⑬. Und ein Specht klopft
 ⑭. Als so weihevoll der Alte sprach
 ⑮. Horch! Vom Hügel, welch ein wilder Klang?
     ソプラノ(Deborah Voigt)、バリトン(Donnie Ray Albert)、

   混声合唱〈Chor des Städt.Musikvereins zu Düsseldorf〉

〈CD2〉オケ伴付歌曲 72:57
①. Waldgespräch                7:25
     アイヒェンドルフによる/ソプラノ(Soile Isokoski)
②. Maiblumen blühten überall(1902/03)      9:07 
     デーメルの詩による/ソプラノ(Soile Isokoski)、弦楽六重奏
バリトンとオーケストラのための2つの歌曲     17:16
 ③. 1. Der alte Garten
 ④. 2. Erdeinsamkeit
     ピアノ版からの編曲(A・Beaumont)/バリトン(Andreas Schmidt)
6つの歌 Op.13(1913/21)            20:53 
 ⑤. 1. Die drei Schwestern
 ⑥. 2. Die Madchen mit den verbundenen Augen
 ⑦. 3. Lied der Jungfrau
 ⑧. 4. Als ihr geliebter Schied
 ⑨. 5. Und kehrt er einst Heim
 ⑩. 6. Sie kam zum Schloss gegangen
     メーテルリンクによる/メゾソプラノ(Violeta Urmana)
交響的歌曲 Op.20(1929)            17:21 
 ⑪. 1. Lied aus Dixieland
 ⑫. 2. Lied der Baumwollpacker
 ⑬. 3. Totes braunes Mädel
 ⑭. 4. Übler Bursche
 ⑮. 5. Erkenntnis
 ⑯. 6. Afrikanischer Tanz
 ⑰. 7. Arabeske
     アフリカ系アメリカ人詩人のアンソロジー『歌うアフリカ』による/
     バリトン(Michael Volle)

 

     ケルン・フィルハーモニー・ギュルツェニヒ管弦楽団
     指揮;ジェイムズ・コンロン
     録音:1997、1998、1999/Rhilharmonie,Cologne
     CD/2枚組/合唱&歌曲/ⓒ 2004 EMI/Ⓟ1997・1998・2000 EMI
     〈CD1〉〈CD2〉共に<★★★★>

 

素敵な合唱曲と歌曲、オケ伴で聴きました。高密度。

ちょっと前のオペラの影響です。オケ伴付きの合唱と歌曲の2枚組。
決して、メジャーじゃないでしょうね。
そんなんでいいのかと言われる向きもあるでしょうが、歌詞はまったくわか
りません。
〈CD1〉
共にユダヤ系で関係もあったために、どうしてもマーラーと比べてしまうツ
ェムリンスキーです。マーラーでは一見宗教的でも実はあまり宗教色が強く
ないというのが多い。それに比べりゃあ、ツェムリンスキーのほうが宗教的
だろう、と思っていたところ、実際のところはたいして変わらない(歌詞も
わからずによく言う)という感じでしたね。
まずは聖書の中の詩篇詩篇に音楽を付けたくなる人は多いんだ。
少しとんがった曲調から始まる①、牧歌的な始まりの②、ロマンティックな
始まりの③、書かれた順は逆だろうと思ったら、まさにその通り。でも3つ
とも、ロマン派の音楽の感じに変わって行き、おしまいは非常に荘厳で熱っ
ぽい盛り上がりを迎える。オケも合唱も高密度! たまにですが聴きたくな
る類の分厚い音。非常にイケてます。

この3つ、③と②が近くて古く、うんとロマン派っぽく、①が明らかに感覚
的に新しいことがとてもよくわかる。この感覚の新しさは1枚目のCDを通
して言えましてね、①が一番素敵だったかな。それに結局これがマーラー
通じるものを最も多く含んでもいたように思う。

④ゆったりとして幸福感のある曲、⑤非常に軽やかな“秘密”
⑥たいそうロマンティック。室内楽のバックも非常に効いている。
⑦オケでなくオルガンのバック。素朴な美しさだけれど、実際の典礼ではこ
んなに俗っぽい美しさなんてありえない。否定しているんじゃありません。
まるでフォーレのように美しい。 ⑧1分ほどの掌曲。無伴奏・・・
⑨-⑮カンタータ。大きく盛り上がるのは⑬と最後の⑮。バリトン独唱と一緒
に盛り上がる⑬はまるで「フィンランディア」みたい。⑮はワタシの経験か
らではブラームスっぽい分厚さが素晴らしい。そのほかは、ほとんどが穏や
かで夢のように美しい。

和声的に少し新しい感覚なんかは感じたのですが、①以外はロマン派の音楽
そのものと言っていい。
ロマン派が好きな方は絶対に聴くべきですね。オケ伴はシンドイと思われが
ちでしょうが、全くそんなことはないです。(ワタシは逆にオケ伴だから聴
きたいというほうですけどね)

 

〈CD2〉
歌曲を正しく聴けるリスナーではないので、この2枚目など結構びくびくも
のでした。
合唱相手だとオケも対抗できるし強く盛り上がれるが、独唱だけだとオケも
抑えがちになり、細かいニュアンスに拘ることになる・・・なんてつい思っ
てしまいますが、ともあれ、〈CD1〉同様バッチリ、ドイツロマン派。
繊細なニュアンスといえば、その最たるものは室内楽伴奏の②でした。

超真面目なんだけれど、映画音楽のような俗っぽさをのぞかせる。③④なん
かまさにそう。アメリカの第2次世界大戦前後の映画音楽に関して、ドイツ
オーストリア系の作曲家が多かった逆の証拠みたいなもんじゃないか。想
像ですけどね。もっともこれらのオーケストレーションはご本人じゃないん
だ。それにしてはえらく感じが出ている。

マーラーの歌曲や合唱部分などの、ユダヤ臭さや俗っぽさや官能性が、どう
いうものか宗教性をも想起させるのと、意外に好対照かもしれない。
そしてもっと違うことといえば、マーラーのメロディの覚えやすさ。民謡な
どの引用が多いこともあるかもしれない。しかしそれだけとは思えない。と
もあれ、ツェムリンスキーには捉えやすいメロディなどがひどく少ない。聴
き慣れるしかない。これじゃあ人気や知名度に差が出て当たり前。
⑤~⑩も美しかった。

変わり種は⑪-⑰。
音色は相当新しくなった。その中になんとなくエキゾティシズムがふっと匂
ったり、大昔のニューヨークの感じが想像できたり、ストラヴィンスキー
たとえば新古典に近いとこころもあるんだ、なんて思わせたりね。こんなの
マーラーにはない。ちゃんと新しい音楽に興味を持って取り組んでいたんで

すね。

 

だらだら書くばっかりで、捕まえた感じがない鑑賞記になりました。
間違いなく好きな音楽なのになぁ。
まあこんなもんです。

たのしいコンゲーム

f:id:kikuy1113:20191018011844j:plain

20191008(了)
映画『嘘八百

  監督;武正晴//中井貴一/佐々木蔵之介/森川葵/友近/近藤正臣/芦屋小雁/
  坂田利夫/前野朋哉/堀内敬子/木下ほうか/桂雀々/塚地武雅/寺田農
  
  2018年製作/105分/DVDレンタル
  <★★★△>

 

(映画.com解説から) ・・・「幻の利休の茶器」をめぐって繰り広げられる騙
 し合いを軽妙に描いたコメディドラマ。千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・
 堺。大物狙いだが空振り続きの古物商・小池則夫(中井)は、腕は良いのに落
 ちぶれてしまった陶芸家・野田佐輔(佐々木)と出会う。大御所鑑定士に一杯
 食わされた2人は、仕返しのため「幻の利休の茶器」を仕立て上げて一攫千金
 を狙う。そんな彼らの行動が、家族や仲間、文化庁までも巻き込む大騒動に発

 展し・・・

 

要はあけっぴろげなコンゲームです。せせこましい世界がオモロイ。
落ちぶれた古物商と陶芸家が出逢ってしばらくは、こんなふうに話が進むとは思
いませんでしたが、騙された者同士意気投合してからは、「よぉし、いっちょ、

ひっかけたろ!」になる。

そこからはまあ普通の展開だと思います。よく見かける役者さんや芸人さんたち

が案外うまく配されて、楽しく観ました。

ワタシは骨董にはどういうものかほとんど興味はありません。特に焼き物や器。

歴史込みで見ても、アカンのです。

 

ここでは関西弁のことだけ・・・
京都出身らしい佐々木蔵之介近藤正臣の関西弁が、案外あちこちで気になりま
した。近藤正臣のものがおかしいのは、けっこう昔から気になっていましたけ
どね。京都や更に東の滋賀ではいわゆる関西弁でも相当違いがありますから、や

むを得ないのですが。寺田農さんのも昔からで、関西出身じゃなさそうだし、ま

あ仕方がない感じです。
ワタシは、こと関西弁だけは気になって気になって・・・だめですねぇ、もちろ
ん関西といっても一様ではないのは知っているし、だから違っていていいんです
が、それでも、どうも変というのはある。それが気になり始めると、鑑賞自体に
もさしつかえてしまうときが往々あります。引っかかってしまってブツブツ文句

を垂れる。
 (映画なんやからそのへん録りなおせよ!) 
カミサンの顰蹙買うこと度々。
 《ウルサイ!聞こえへんやないの!》 
なんでこんなにこだわってしまうんですかねぇ。どうもあきません。嗚呼・・・

 

続編もあるよし。

金管七重奏のための音楽集 5〔セプトゥーラ〕

f:id:kikuy1113:20191016132158j:plain

20191006(了)
金管七重奏のための音楽集 5
フォーレラヴェルドビュッシー 〔セプトゥーラ〕

 

モーリス・ラヴェル
 「マ・メール・ロワ」 (編曲:M・ナイト)         14:38
    ①~⑤
 「亡き王女のためのパヴァーヌ」 (編曲:M・ナイト)    5:56
    ⑥
 「3つのシャンソン」 (編曲:S・コックス)         6:05
      ⑦~⑨
ガブリエル・フォーレ
 「メロディーズ」 (編曲:M・ナイト)          15:46
    ⑩夢のあとに Op.7、№1
    ⑪蝶と花 Op.1、№1
    ⑫秘めごと Op.23、№3
    ⑬秋 Op.18、№3
    ⑭捨てられた花 Op.39、№2
    ⑮イスファハーンのばら Op.39、№4
クロード・ドビュッシー;          
 「前奏曲集」  (編曲:S・コックス)           20:04
    第1集 ⑯№6 雪の上の足跡 ⑰№8 亜麻色の髪の乙女
         ⑱№12 ミンストレル
    第2集 ⑲№6 奇人ラヴィーヌ将軍 ⑳№5 ヒース
    第1集 ㉑№10 沈める寺

 

  演奏:セプトゥーラ                        
    トランペット(Bフラット2、Eフラット1)、トロンボーン2、バス・トロンボーン1、チューバ1
  録音:2015年11月、St. Paul's Church、New Southgate、London、UK
  CD /吹奏楽室内楽 Ⓟ&ⓒ 2017 Naxos/輸入 Tot.62:29
  <★★★★>

 

(メーカー紹介文から) 人気の金管アンサンブル「セプトゥーラ」のアルバム第5
集は、20世紀初頭のフランス音楽集。この時代、管楽器の独奏曲は数多く書か
れましたが、室内楽としての作品はほとんどありません。そこで「セプトゥー
ラ」のメンバーたちは、ラヴェルフォーレドビュッシーの作品を巧みに編
曲し、実に豊かな音色で楽しませてくれます。「マ・メール・ロワ」のオーケ
ストラ版とも違う精緻な響き、トランペットやトロンボーンが縦横無尽の活躍
を見せるフォーレの一連の歌曲、ピアノのために書かれた「前奏曲」が華麗な
響きを纏うドビュッシー作品。どれも誰もが知っている原曲とは全く違う香り

を放っています・・・

 

セプトゥーラ、2枚目。第5集とあって、ジャンルを埋めるために取り上げたフ
ランス近代ということなんでしょう。
でもよかったですよ。ブラス・アンサンブルってときには聴きたいし、特にラ
ヴェルは好きですから。

ラヴェルは、「パヴァーヌ」はまあ普通です。
でも、「マ・メール・ロワ」(組曲です)の音色は、ほとんどアッと驚くよう
な素敵なものでした。打楽器なしで、よくここまで可愛くカラフルに表現して
くれたものです。それから「3つのシャンソン」。このメロディは、誰の歌で
聴いたものか、記憶から抜け落ちていました(先日亡くなったジェシー・ノー
マンあたりだったでしょうか)が、さすがラヴェル(⁉)、元がいいんでしょ
う、実にかっこよく料理されていました。とても新鮮! このCD中の白眉かも。

(古臭い表現ですが)

フォーレ。知っているのは⑩だけ。というか、なんで⑩のような超有名曲を入
れなきゃならんのかな。
あとの曲は、いわゆるシャンソンぽいと感じましたね。フランスの歌なんだか
ら当然かぁ。

フォーレよりはドビュッシーがよかったですね。
やっぱり知っている曲が多いからということもあるでしょうが、歌でなくもと
もとインストものだからかな。低音を生かした編曲が多く、少し重いと思うと
きもあるけれど、立ち回りは軽快で、どの曲もとても美しかった。ピアノとは
全く違う別の魅力が存分に出ていたんじゃないか。㉑は感動的。
ラヴェルの「3つのシャンソン」を見事にやってのけたアレンジャーの特質も

ありそうです。

残響が長く混濁もしない。バロックルネッサンスものはさぞやあでやかなん
だろうが、ここでもほんとうに素敵なサウンドだと思いました。腕達者たちの
技量はもちろんのこと、録音の勝利でもあるようです。

散歩時、中学校でブンチャカよく練習しているのを耳にします。でかいバンド
のものでなく、こういう小編成のものを聴いたら、いい目標になるんじゃない
かしらんね。


フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの21世紀バージョン。

ジャケット写真は、ワインのコルク栓でしょうか、フランスらしく。

奈良歩きしてきました

10/14(月/祝)

奈良歩き。
今日は雨は覚悟していましたが、ほとんど降らずラッキー。
改装成った興福寺中金堂だとか、評判が悪い奈良県庁横のバスの駐車場とか、
「鹿の角切り」・・・
今回の新しいこととしては、「史跡 頭塔」(ずとう)かな。
小さいホテルの敷地内にあって、正面から見るとピラミッドに似ているとい
うことなんだが、ワタシには方墳ぽく見えた。
また裏側からは、「となりのトトロ」のこんもりした森の縮小版みたいな見
え方。

実際は少々風変わりな仏塔。

f:id:kikuy1113:20191015015836j:plain

                  (チラシの写真を撮ったもの)

ここで――奈良公園の外なのに――青緑に輝く糞虫センチコガネを捕ま
えました。
あとはいつも通りかな。少々呑み過ぎ気味になったのも含めて。日本酒
かなり弱くなりました。年齢なんでしょう。

f:id:kikuy1113:20191015015912j:plain

          (これも自分で撮ったものじゃありません。

           でも色の感じとしてはよく出ていると思って)

AIが支配する世界

10/12(土)

誘惑に負けてというわけではないのですが、、、

シンギュラリティはめっぽう面白いネタ。

これは長すぎました、スミマセン。

f:id:kikuy1113:20191013012612j:plainf:id:kikuy1113:20191013012650j:plainf:id:kikuy1113:20191013012708j:plainf:id:kikuy1113:20191013012724j:plainf:id:kikuy1113:20191013012737j:plainf:id:kikuy1113:20191013012756j:plainf:id:kikuy1113:20191013012814j:plainf:id:kikuy1113:20191013012834j:plainf:id:kikuy1113:20191013012849j:plainf:id:kikuy1113:20191013012904j:plainf:id:kikuy1113:20191013013044j:plainf:id:kikuy1113:20191013013104j:plain

人類の未来は・・・これは自分で自分の首を絞める類のものではあります

が、過激な表現。

・・・人類の未来はたいへんやなぁとちょっと前に書いた通りです。

再読、新井先生のと、やっぱり共通する点が多いですね。

 

f:id:kikuy1113:20191013020004j:plain

台風19号接近前日の夕方。

柴犬娘の遅い散歩が終ろうとしていた時、西の空を写した。

面白い色が見られるものです。もう少し赤っぽかったのですが、

思い通りの色は出ませんねぇ。 





映画『ロープ 戦場の生命線』

f:id:kikuy1113:20191011122121j:plain

20191003(了)
映画『ロープ 戦場の生命線』  A PERFECT DAY

  製作・監督・脚本;フェルナンド・レオン・デ・アラノア
  ベニチオ・デル・トロ/ティム・ロビンス/オルガ・キュリレンコ/
  メラニー・ティエリー
  2015年/スペイン映/106分/DVDレンタル
  <★★★☆>

 

コソボを中心とした大紛争が停戦になってからの話で、「国境なき水と衛生
管理団」という団体に所属する国籍バラバラの5人の男女(と子供一人)が、
あちこちに地雷が埋まっている地帯を、‘トラブル対処隊’よろしくあっちへう
ろうろ、こっちけうろうろ、2台の車で活動する。
スタートは、井戸の中にたぶん意図的に落とされた死体があって、、これを
引き上げてくれという要請に基づく活動。しかしもう少しのところでロープ
が切れてしまうがロープの予備はなく、その辺にもロープなんてものはない、
といったことから始まる。ロープを手に入れるためにいろんなことに遭遇し、
右往左往する約一日間のことを描いている。まとまりがよく、きっと原作が
あるんだ。原題A PERFECT DAYのPERFECTはおそらく反語で、ひどい、
たいへんな一日を指しているのでしょうが、活動(成果?)としてはパーフ
ェクト(こんなもんやろ!)なのかもしれません。

 

人々の援助をする目的で来ている彼らだが、なんでこんなことをしているか
についてはいろいろありそう。でもそうした説明はこの映画の任じゃない。
紛争後、それこそありとあらゆることがめちゃめちゃになっている中でのこ
うした活動が、えらく地味なんだが、生半可な気持ちじゃ絶対にやっておれ
ないってことがわかるばかり。そうした、今よりちょっとでもましになれば
いいという活動のほんの一端を一つ一つストレートに描いてます。やっぱり
結局皮肉になるのね。そんな気がしました。
井戸の死体の次は、難民キャンプでトイレが壊れて大変なことになっている
ってのに向かう話をして締めくくられる。でも死体はまだ片付いてないんだ
けどな・・・、ま、それは最後のお楽しみ。

 

車の窓ガラスに“武装していない”とか“銃禁止”とかいう意味らしいマークが
付いてました。あれって見たことないなぁ。(日本じゃ当たり前か)

f:id:kikuy1113:20191011122148j:plain

始めと終わりが地雷関係の話になっている。なのにこの映画を通じて一度
も地雷の爆発や伴いがちな凄惨なシーンはない。でも回避のための「あれ
これ」がその既定の怖さを十分に表現できていると思いました。

 

スペイン映画でロケ地もスペインだそうな。 詳しくはないが、バルカンに
は見えませんでしたね。スペイン・ロケのマカロニ・ウェスタンとおっつ
かっつだったんじゃないか。(ケチ付けたいわけじゃないんですけど・・・)

 

「指輪物語」OMPS

f:id:kikuy1113:20191009005203j:plain

20190923(了)
THE LORD OF THE RINGS
  Original Motion Picture Soundtrack
  Composed and Conducted by LEONARD ROSENMAN

    ①-⑱
  CD/1991/サントラ/INTRADA/輸入/中古
  <★★★△>

f:id:kikuy1113:20191009005338j:plain

これは1978年のアニメーション版トールキン指輪物語」のサウンドトラッ
ク盤です。
1991年にCDで出し直しされた。物語としては大長編の前半に当たるらしい。
観たことはありません。
レナード・ローゼンマンが担当だったというので、聴いてみたくなりました。
けっこう前衛的な音色に聞こえるのが素敵で、好きなのです。TVドラマも多

く担当は猛烈な数。でもまあ、知られたところでは・・・
 『エデンの東』『理由なき反抗』『続・猿の惑星』『ミクロの決死圏
 『スタートレックIV 故郷への長い道』、『ロボコップ2』、『ミステリ
  ーゾーン』など・・・

しかし、オスカーを獲ったのは『バリー・リンドン』『ウディ・ガスリー/わ
が心のふるさと』であって、これらはどちらも編曲賞。
ロボコップ2』なんてものすごくカッコいいサウンドでほれぼれしますが、
有名な『エデンの東』『理由なき反抗』を中心にしたCD(サントラでなく別
演奏者によるオリジナルスコア版)なんか聴くと、オリジナル作曲賞が獲れ
なかったなんて信じられない。

f:id:kikuy1113:20191009005300j:plain

              (ジャケット~ライナーノートの写真から)

さてさて中身です。
ピーター・ジャクソンの長大な実写版に付けたハワード・ショアの音楽は、
ライトモチーフを用いた(って、普通そうですけど)なんとも重々しいも
ので、シンセ部分も多い。あのような暗くズーンとくるものでは、さすが
にわくわく楽しく聴くのは無理。

それに対し、アニメーションということもあるのでしょう、こちらも劇伴
に徹しているけれど、規模感のあるオーケストレーションなのに重くない
し、夢のあるフレーズもいくらかあったので、流していてしんどくなかっ

たですね。

もう少し鮮やかな音で聴きたかったけれど、それはしょうがない。

そして、最も特徴的だったのが『コンバット』・・・
ローゼンマンがかなりたくさんの音楽を書いたあのテレビドラマの「コン

バット」です。ここでとても印象に残っている金管を中心にした不協和音

や、小刻みな行進曲ふうな楽曲やサスペンス部分などと、とても似通った

ところが多かったことですね。酷似していると思えるところがあったり、

今にも「コンバット・マーチ」が流れ出てきそうに感じたり。期待する自

分がおかしくて笑ってしまいました。

ドラマやキャラクターを覚えている方は多いでしょうが、「コンバット・

マーチ」以外の音楽のイメージを覚えている方はそう多くはないかもしれ

ません。

そんなところです。

映画を観ていないので、その「コンバット」っぽいところがどんなシーン
なのかわからないわけで、ちょっと知りたい気もしなくはありません。で
も音楽のほうは、楽しくて何度も聴きましたが、彼としてはまあそれほど

傑作ってわけじゃないかも。

f:id:kikuy1113:20191009005415j:plainf:id:kikuy1113:20191009005434j:plain

              (ジャケット~ライナーノートの写真から)