休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

その他

ブレグジットと子どもたち

6/21(土) 英国のブレグジットのことです。 いや、ブレグジットの英国のことです、か。 首相選びの後、なんだかひどいことになってしまうんじゃないかと つい思ってしまう英国・・・ 以下は6月13日の月1ぐらいの連載。 面白いんだか面白くないんだか、よく…

超監視社会

6/6(木) 朝日の「論壇時評」で、タイトルは「超監視社会」。(5月30日付) 捉え方は『承認を求め見つける「敵」』。 面白いと思います。もやもやが少しだけ晴れたような気がしました。 これから、AIの問題ともども、もっとうまい言い方が出てくるものと思…

ご近所の国々の話題・・・

●5月16日の記事・・・ こういう意味の違いがあるんですねぇ。 まったく別の言葉だと割り切って翻訳するしかない。 ほかに言いようがない。でも、えらい違い・・・ ● ウイグル自治区・・・ 5月19日の朝刊のトップなど・・・言わでもがなの中身とはいえ、、、 …

記事の整理ついでに・・・

5/7(火) 別に何の関係もなかった10連休が終わりました。来年の今頃は、とんでもない 大事件が起こらない限り、オリンピック・ムード一色なんでしょうね。 10連休はないんでしょ? 最近気になって切り取ったり写したりしていた記事、読み直せばやっぱり気に…

平成総括ほか

5/3(金) 平成最後の日の紙面から・・・ ● やっぱり総括せんとしょうない、ということで、寄稿とあるが高村薫さん、頼まれて 書いたんやろね。 なかなか手厳しい。でもそんなところでしょう。 5月に入ってから、‘令和に寄せて’というような文章が二日続けて…

令和 退位 ブルーギル

4/27(土) ● 朝日にしてはへんてこりんな解説委員高橋さん、コラム名は替わったが、毒舌を続けてくれそうです。 ワタシの場合は、こういうのがあると、新聞、読む気が起きます。 ● ついでに・・・ あと4日に退位が迫った天皇陛下と、ブルーギルの話。(ネッ…

こんな雑誌あるんですね

4/4(木) ● 読んでいて、思わず声を出してしまった・・・ ‘宮田珠己の 気になる雑誌を読んでみた’ という新しいコラム。最初は『月刊住職』。1974年創刊というから、長く続いているんやね。こんな時代なのに。自分じゃ読む気はないけど、中身の説明が確かに…

京町家に泊まる~奈良・・・

20190402(了)“京町家に泊まる” 〔インバウンドと六原学区〕 1、雰囲気 街ごと満喫 2、相続 帰国 リニューアル 3、融資断られ 投資募り再生 4、陶器の街 ホテルが続々 5、空き家活用 学生がDIY 2019年1月31日~2月4日(朝日/夕刊) 古都・京都でも…

語る--人生の贈りもの--画家 安野光雅

20190302(了)語る ―人生の贈りもの― 画家 安野光雅 ①~⑭ 2018年8月6日~24日 朝日新聞 去年夏の切り抜きです。安野画伯の文章はいくらか読んでいることもあって、けっこう知っていることが多く、先日の浅田次郎さんのもののように、「フーン」と思うよう…

平成の終わりに思う・・・って、区切の意ではないのね?

3/20(水) 長い引用は3月1日付。 朝日新聞では少ない保守系の論客、佐伯氏のとりあえず区切りの論説。今 回は論説というより、「思い」のよう。 古くならないうちにと・・・ こっちは常に「総括」した社会の見方を読みたい。けっこう切に。 新聞にはそうい…

雑談

近ごろ切り抜いていた記事から・・・ ◇2/28 海の中はどんどんきれいに(!)なっていっているのに、土中はこういうことな んや。これでは戻れない地区があるのはあたりまえ。 (ならば、広島や長崎はどうだったんだろう・・・いまさら遅いですが、オフクロの…

語る―人生の贈りもの― 作家 浅田次郎

20190227(了) 語る ―人生の贈りもの― 作家 浅田次郎 ①~⑮ 2017年9月~10月(朝日新聞) はじめの①ではやっぱり自信家、野心家に見えましたね。いや実際そうなのかもしれませんが、率直、ストレートな喋りがたぶん余計にそう見せるんでしょう・・・ なんと…

「歌舞伎町・駆け込み寺 をたどって」

20190206(了)「歌舞伎町・駆け込み寺 をたどって」 (1)・眠らない街で「一人を救う」 (2)・会社と憎悪 もうええわ・・・ (3)・餃子 「食」べて「交」わる (4)・ネット VS. 1万人を見た目 (5)・資金繰り 自分を守る (6)・「サングラスで得度」…

まんが

● わたしにとってマンガというと、これぐらいでした。今の子どもたちにはわからないでしょうが、 マンガの地位は低かったみたいで、親からダメだしされてからは、あまり読みたい気も起こ さず大きくなってしまった。まあそういうものは、団塊世代には多いん…

クラシックに未来はあるか

20190210(了)特集: クラシックに未来はあるか●マエストロと考える 危機の乗り越え方/対談 片山杜秀×大友直人 助成金の先細り、観客の高齢化・・・・・・ ・「クラシック界の未来」が危惧されるいくつかの理由 ・クラシック音楽界にも問題がある ・日本人…

言語の限界

1/31(木) 磯崎憲一郎さんの‘文芸時評’(昨日1/30の新聞)この‘本物論’は鬱陶しいのですが、でも改まって説明するというなら、分かりやすいほうでしょう。文学や言語の本質の一面(≒片面)を的確に言ってくれている気がします。“本来”というような唯一無二…

水曜の後藤正文さん2題

1/9(水) 〇 吉田沙保里さん、ついに引退。 トレーニング中に、彼女が「皮膚が女になっちゃったよ」と言って笑って いる映像に、こっちも笑ってしまった。女の子ではなかったのにとうとう 女の子に戻っちゃった・・・ 伊調さんも気になるだろうなぁ。 〇 (…

柳家 小三治/佐藤愛子/中根千枝

1/9(水)この3つはおおむね「古い記事を読みましたよー」というぐらいのメモ書き のつもりなので、読んでいただく必要はありません。中身を紹介している わけでもありませんしね。 どんなかたかなぁという、軽い関心による切り抜きです。 20181225(了) 語…

「男ってさ!」

12/29(土) ・ 壁掃除だとか窓拭きだとか、遅寝遅起き人間も一応年末のお仕事に いそしんでおります。 外からやらなきゃならないのは寒いこと寒いこと。平年並みなんでしょ うけどねぇ。 明日もエアコンのフィルター掃除だとか・・・DVDを返して、また借り…

新聞記事から・・・琵琶湖の外来魚激減

気まぐれな反応です。 メンドクサイですから、無理して読んでいただくことはありません。 (11/28の新聞から) ●磯田憲一郎さんの文芸時評。 隣はさだまさしの「語る」の8回目、なんとなくざっと目を通してしまう。 なにやらスゴイ男だなぁと思えるこの頃。 …

男のウエスト、著作権

11/22(木) 〇 これは17日の本の紹介欄で見つけたもの。 面白そうな本ですね。 ‘ぽっちゃり’のことなんてことばかりじゃなく、最新の知見なども加え られたものなんでしょうが、この紹介文では、なんとなく読んでみたい 気はしません。 それでも“「ぽっちゃ…

図録2冊を簡易修繕

10/23(火) 朝のひと時です。 といっても、カミサンがでかけてからだいぶんたっていて、昼近く。 毎日のように、これから朝昼兼用の食事を用意しようというところ。 この時間帯の食事はたいていひとりで摂りますが、野菜サラダや果物など はカミサンのも用…

9/15~9/21 新聞記事から、雑談です

9/15(土) インパクトありましたが、朝日はずいぶん小さい記事でした。 9/17(月) 編集委員さんであって、論説委員さんではないのですね。 (これでは字が小さいですね) 経済関係の記事(コラム)としての「出産退職」。 この前のページに、医学系大学の…

「となりの乗客」

8/5(日) うだっております。 ちょっと、体に変調をきたしておりますが・・・ もうちょっと日が陰ってから散歩しましょう。補虫網も振いましょう。 その前に・・・ * 小説は読んだことがありませんが、面白そうな方です。 * 「大国疲れ」という言い方、常…

「いいね!」いろいろ

7/14(土) 昼時です。 いやもう暑いのなんの。 〇 これは去年のもの。12月7日。 大学の先生らしく、大学生あたりを対象にしている感じです。 〇 20180702、 性の嗜好の発言で話題になっていました。 〇 20180707、本の紹介であって、中身を読んだわけで…

エチオピアのこと

3/18(日) 2年に一度の中学3年生の時の同窓会に出てきました。 参加は48人の元生徒と、恩師一人。 にぎやかで、楽しかった。 一学年210~220人だったと思いますが、30人の住所がわからず、 35人はすでに故人。団塊の世代だが・・・ちょっと亡…

今月の福岡先生

● 木曜日の福岡先生・・・ いろんなジャンルをさりげなく述べられるが、安定してますね。 これはご専門の分野ですが。 ● ‘ゲド戦記’はワタシも挑戦しましたが、もうずいぶん前で、忘れました。 しかも最後の巻はずっと後で出たはずで、読まないままになって…

語る 作家 椎名誠

20180209(金) 語る ― 人生の贈りもの 作家 椎名 誠①楽しい人生? 何度も死にそうに②カタッ苦しさから解き放たれた③「探検隊」 蚊に襲われ潮に流され④楼蘭へ コバンザメテントの旅⑤井上靖先生に託された酒を⑥柔道部で鍛えた体 栄光は一瞬⑦権力を笠に着た押…

本谷有希子さんのコラム

1/31(水) このコラムでしか知らない方です。 始めは虫唾が走ったのに、この頃はどこか面白いです。 正直で皮肉屋で、、、実に微妙な内容。 何となく女性ホルモンが減っている、もしくは男性ホルモンが増えている方ではないか。 ◆ 異論はあるのですが、大…

ついつい気になってしまう中国

12/19(火) ● 日本は脱炭素に関して、遅れている、資金が引き上げられてしまうぞ、と「世 界から」脅されているようなドキュメンタリーを見た。NHK。 面白かったが、NHKにしてはかなり突っ込んだもので、まあNHKも面目恢復 と言ってもいい。首相や政府の方…