休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

日記

涼しくなったからでしょう、我が家の柴犬娘の食欲が俄然あがってきまし た。 ワタシも、もう半ズボンはやめです。 彼女の散歩の前に、そそくさ・・・ いつものことで、そろそろ捨ててしまおうかと思っていた記事、読んでみて その時の感覚が残っていると、捨…

男女平等と映画賞

朝日新聞での映画関係の記事(9/10)二つ・・・ ちょっと前に、ベルリン映画祭の演技賞については、主演男優と主演女優 の区別はやめるとありました。 助演はどうなのか、載ってたっけ? 主演は一つ数が減ってしまうの? あまり興味はありませんが、、、男女…

ニューヨークタイムズでのトランプさんの総括

20200911(金) 安倍首相のいろんな総括が、毎日のように載っていて、ついつい読 んでしまいます。 今度はトランプさん。以下は9月4日の新聞で、実際にニューヨーク で載ったのは、2週間も前の8月27日。 ニューヨークタイムズのトーマス・フリードマンさんの…

「一強」リーダーの実像 &「拝啓 安倍昭恵様」

9/7(月) 台風10号は予想通りのコースを取って、今は朝鮮半島の東・・・ もう、いったんは日本海に出て、また朝鮮半島に再上陸、という感じ、 日本での大きな被害は九州でのもの。宮崎県など。 結局この辺り(南河内)は風も緩く、雨さえわずかに降っただ…

死者の言葉乗せた小舟・・・

8/27(木) 近畿地方に雨の予想はなかったのですが、ひょっとしたらと期待は していました。果たして、さっき(ブランチ時に)陽が照っている のに雨音が10分ほど間隔をあけて2度して、覗くと雨粒の跡が一 瞬見えました。それだけ・・・ああ、遠雷も・・…

時節柄・・・

8/9(日) 核爆弾を使った戦争が、今後もし起きて、生き残った人類がいたら―― 人類全滅の可能性は、まぁ案外少ないだろう――その時は世界は変わ る。というか、つまり・・・頭だけで生きる段階に戻るまでという意味で、 エライかかることになるだろう・・・ …

蝉しぐれ

眠るときにエアコンのタイマーをかけると、起き出すころの室内は 地獄みたいになってて、熱中症になりそうです。バカですね。 おまけに、ひどい夢を見たりしてます。このお昼近くは、ゴルフで とんでもないことになった・・・(ゴルフのことなんて、この時期…

続く 米中 茶番の冷戦

2か月前の朝日の米国駐在中の方の記事です。 ひどくなってます。いやな感じです。 この5月の支局長さんのつぶやきでは、米中の対立構造はどうもしっく りこないが、こんな感じなんでしょう。冷戦とすら呼べない、その通り。 トランプさんの支持率がそれな…

今年もクマゼミの行列

クマゼミとクビアカツヤカミキリが中心になっている、主に散歩 時(だけでもないですが)のメモ。 虫の記述に関わるところのみ・・・ ちょっとヘンやけど・・・ 7/28(火) クビアカ、昨日は1匹のみ。 今日はゼロ匹。 恋の季節が終ったか、雨によるものか・…

一ヵ月前の戯れ記事

7/25(土) 以前の戯れ記事が後を引き、ついでに、コラム二つを 繋いでみようと思って・・・ もう一ヵ月も前になっちゃった。 (ワタシの態度は)そう真面目ではありません。 このコロナ禍の後では、元へ戻れないという言葉がやたら発せられる。 それも意外…

またあの虫のことです・・・

7/24(金) 昨日散歩のあと、うちのすぐ外の欅で見つけたクマゼミの羽化直後。 透き通る前の白濁状態もきれいです。 少し翅が片よっているように見えますが、これは風のせいで、出来損ない ではありません。しがみついてるのが若干わかります。 でも、どうも…

散歩後、睫毛、死出虫

7/19(日) 湿度は高いみたいだが、晴れた。50%、ん? 昼過ぎ、2階はとうに暑い。寒暖計は32℃を指している。 今日も散歩で汗だくになるに違いない。 そのあとはシャワーをして、レンタル屋に寄って、返却して何か借りて、 そのまま出勤する予定。 犬っころ…

エンニオ・モリコーネ没す

モリコーネ、とうとう亡くなってしまいました。 (7/12、朝刊) エンニオ・モリコーネの追悼文を服部隆之さんが書いている。 マカロニウエスタンでなく「アンタッチャブル」から始めている。 「感情が滔々とあふれ出すベタな音楽を正面切って書いてしまえる…

〈またまた、クビアカツヤカミキリのこと〉

恥ずかしながらクビアカウォッチャーズやってます 7/10(金) (今年も何回目かです) この辺りはあまり雨の多いところではありません。 だからワタシがごく小さいころには、近所にはため池だらけといっても いいぐらいでした。香川県の平野にゴロゴロあるタ…

ただ今クビアカウォッチャーズ

皆さんも「クビアカツヤカミキリのター ミネーター」に 特別なことがない限り、毎日、犬ころの散歩には行ってます。 この時期でも夕方前、まあ真昼間で麦藁帽など被って。晴れ ると相当暑い。それにこの湿気。 ウチの柴犬娘は、もう少し抜ければいいんだろう…

親なんて間違いだらけに決まっている

先々週の土曜日のコラムです・・・ 一応「親」のことです。 もちろん、正解なんてものもない。 親のこと、もっともらしく言えば、なるほどこんなふう。 でも、もうとうに巣立ってしまった子供たちに、こんな感じだったん だぜ。 といっても、そんなのもうわ…

沖縄の梅雨が明けたと言っていましたが、

ひどい湿気です。 トイレの扉の開け閉めが大変。 依然としてコロナ関係のもの以外が少ない紙面ですから、引っかかった ものには目を通しますが、シンドイ。 とはいえ、町内会館の月一回の清掃がストップして3か月。このまま何 もなければ、7月末ごろから再開…

やっぱり見つけたクビアカ

このところ写した昆虫。 ● カミキリムシ。なんていうのか知りません。子供のころなら覚えて いたかもね。色がちゃんと出ていない。2cm弱。こういう小さくて 身体が柔らいカミキリは、よくハチと間違ってはたき落してしまっ たりする。 6/3夜中。机のすぐそば…

またカラヴァッジョ展のこと、人種差別のこと

一昨日の新聞から・・・ ◎ 今年の始めの「カラヴァッジョ展」のこと、再び。 今年2月に、あべのハルカス美術館で「カラヴァッジョ展」観に行きました。その際、入場する客一人一人に、係員が、見せることができなくなった肝心の作品(2枚)について、丁寧に…

死んだ桜の木

〇 カミキリの仕業だと思います 昨日に続いて散歩のこと。 ある公園の階段の途中にある桜の木一本に気づいた。 かなりの量の木くず。 こりゃひどい。 クビアカでなく他のカミキリである可能性もあるだらうね、カミキリはもと もと樹の大敵。 大きくない桜、…

すぐそこにあるワイルドライフと METライブビューイング

5/23(土) 〇散歩中のことです 散歩時、まだウグイスが鳴いている。いいもんです。ところで、鳥の声といってもウグイス以外にもたくさん聞こえ、ただ今現在の代表選手といったら、ムクドリ(だと思っています)とカラス。ほかには少し復活しつつあるスズメ…

2ヵ月前の英国から

20200513(水) 英国発、3-4ヵ月に一度の、ブレイディみかこさんのちょうど2ヵ月前のコラムです。ジョンソン首相の入院はこのあとでした。 コラムの内容、随分前のように思えます。 今は右派ポピュリストは、同じようなことをまだ言っているのでしょうか。…

ピーク見えたんですか?

5/1(金) どうやら、この5月も、大雑把な言い方だけれど、「失われた時」になるらしい。目下は、「宣言」の延長の設定が5月末か、プラス6月の一週間になるか。多くの中小企業はよく我慢する。再開のめども立たないのに、融資にすがるしかない。一揆でも…

理性へ 彼女は静かに訴える

4/17(金) 理性へ 彼女は静かに訴える(4/14)多和田葉子さんのベルリン通信。彼女ってのはメルケル首相。ドイツ情報、たまの投稿をいつも面白く読んでますが、今回はさすがに「新型コロナウイルス」がらみ。 はじめは若者も甘く見ていたが、今では政府のい…

えっ、遺伝子の一部?

4/11(土) 福岡先生の「動的平衡」コラム。 今みたいに「猖獗を極める」前のときのもので、わりとのんびりして ますね。 それがほぼ一週間前になると、ぐいっと現実的な感じになってます。 小さいコラムが終って、そのあとは随時の掲載に変わった。その第一…

春雨の中の散歩

3/28(土) 春雨の中の(犬ころとの)散歩です。 ウグイスの声を聞き始めてもう一か月ぐらいになります。今年ははじめっからちゃんと鳴いている。ヘタクソな鳴き方のは聞かないですね。 今日は公園のはしごのようなコース。多くの桜が盛大に咲いています。ワ…

使いすぎの「感動」

3/22(土) 大友良英さんのことばが「折々のことば」(鷲田清一)にあった。 (朝刊) 当たり前だと思う、ともあれ賛成。 しばらく前に坂本龍一氏の似た趣旨の記事を確か紹介しました。選手が「感動を与えれる(そろいもそろって馴染まない『ら抜き』、寒イ…

ガラーンとした奈良公園

3/16(月) ブランチのあいだ中、観るわけでもないのにテレビをつけています。たいていはこの時間に新聞に目を通します。が、今朝は新聞がお休みの月曜日。一週間以内の切り抜きなどを読んでいましたら、国会中継、参院の予算委員会。経済への波及やさまざま…

冬のウスバカゲロウ

夏には今でも見かけるんですが・・・ 2月27日の夜、風呂場のとなりにある洗面所の天井に、ふっと目が行って、 気がついた。すぐにガラケーで撮っておいた。 北杜夫でしたっけ、「薄馬鹿 下郎」って書いていたのは。 ウスバカゲロウ・・・頼りなげで楚々とし…

変質してゆくものなんでしょうか・・・

(こんなただ今現在の話題を取り上げるのは照れ臭いですね) 月刊安心新聞+ という神里達博(千葉大)先生のコラム。(2/21)いつも固めの内容なんだが、今日は割と柔らかめ。ご専門は科学史・・・か。今盛大に拡散し人間の世界を震撼させているウイルス。こ…