休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

ヴィラ=ロボス:交響曲 第1番,第2番

イメージ 1
20190405(了)
ヴィラ=ロボス(1887-1959):交響曲 第1番,第2番

交響曲 第1番 「知られざるもの」(1916) 26:49  ‘O Imprevisto’
 ①Ⅰ.Allegro assai moderato 7:21
 ②Ⅱ.Adagio 7:58
 ③Ⅲ.Scherzo:Allegro vivace 4:35
 ④Ⅳ.Allegro con brio 6:56
交響曲 第2番 「昇天」(1917/1944) 48:37  ‘Ascensão’
 ⑤Ⅰ.Allegro non troppo 17:28
 ⑥Ⅱ.Allegretto scherzando 8:44
 ⑦Ⅲ.Andante moderato 9:46
 ⑧Ⅳ.Allegro 12:39
  イサーク・カラブチェフスキー(指揮)/サンパウロ交響楽団
  録音;2017年2月、サラ・サンパウロ、ブラジル Tot.75:26
  2017年/CD/クラシック/管弦楽曲/Ⓟ&ⓒ 2017 Naxos/輸入
  <★★★★>

<帯紹介文> ヴィラ=ロボス以前のブラジルで「交響曲」と名の付く作品を書い
た人は数えるほどしかいませんでした。彼の少し前の世代のオズワルドの交
響曲第1番が初演されたのは1917年頃とされていますが、この曲がヴィラ=
ロボスに影響を与えたのかは、わかっていません。それよりも当時のヴィラ=
ロボスの関心はフランス音楽にあり、この2曲の交響曲フォーレやダンディの
作品との共通性を探ることができます。交響曲第1番は時にブラジル風の情熱
を示しており、かたや、交響曲第2番は1917年に構想されたものの、1944年の
初演時までに再考を繰り返したためか、熟達した技法が感じられます。
ヴィラ=ロボスの交響曲のタイトルは、どれも想像を働かせることはできますが、
作品を直接表現するものではなく、この第2番も当時の作曲家の心理状態を
描いたものと推測されます。数々の引用が、独特のハーモニーで包み込まれ
た面白い作品で、後の「ブラジル風バッハ」も予見させます。


フォーレやダンディですか。ダンディは随分前、「フランスの山人の・・・」以外
のなん曲かを集中的に聴いたことがありますが、こんなんだっけ?忘れちま
ってら。例えばルーセルとかを聴きつけたような気になった瞬間はあったん
だけど。
でも素敵でした、2曲とも。
魅惑的な音色が次から次へと出てくる。‘独特のハーモニー’と書かれてい
るのはそういうことでしょう。この音色的な魅力については、あとの交響曲
だって勝るとも劣らないのではないですかね。
全体のまとまりは1番では少し弱く、どこか夢の中のような感じ、あるいは20
世紀前半の古いサスペンス映画の音楽をまとめたような感じ・・・
第2番になるとメロディアスさが増す。英文紹介だと、チャイコフスキー、リムス
キー=コルサコフドビュッシープッチーニなどの引用があるみたいな書き方
がある。その辺はようワカリマヘン。でもメロディアスさ≒歌謡調は何とはなし
南アメリカ大陸を感じさせる気がするのが面白い。そして全体的には、ちゃ
んとアメリカ大陸全体の匂いもする。けっして、そうに違いないというような誘
導されたものじゃないと思う。
解説に書いてあるような「ブラジル風バッハ」を予見するところまではいかなか
ったけれど、それは第一楽章のことを言っているのかなあ。そう言われればそ
うかもしれない・・・
‘Ascensão’は英語表記の ascension だろうから、theを付けて‘キリストの昇
天’。まあそんな意味なんでしょう。コルトレーンのアルバムタイトルにこれが
付けられたものがあって、邦題は“神の園”でした。学生時代が終ってからは
聴いたことがありません・・・
ともあれこのタイトル、気にしてもしょうがないと思う。
第1番よりはだいぶん充実感が増して、なかなかの名曲なんじゃないか。

これでヴィラ=ロボスの交響曲はすべて聴いたことになります。
あとのほうになると、主張が強く出ているかのような解説になるのですが、そ
の強いタイトルの意味するものほどは‘厳しくない音楽’が多かったですね。
そういうこととか、「ブラジル風バッハ」のような持ち味が発揮されていないとい
うことで、あまり交響曲作曲家としては認められていないようなのですが、それ
ってもったいない!ワタシは立派な交響曲作曲家だと言いたいです。