休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

映画『ベイビー・ドライバー』

イメージ 1
20180929(了)
映画『ベイビー・ドライバー Baby Driver 
  監督;エドガー・ライト//アンセル・エルゴート/リリー・ジェイムズ/
  ケヴィン・スペイシー/ジェイミー・フォックス/ジョム・ハム
  2017年/米映/113分/DVDレンタル
  <★★★☆>


〈映画.com解説から〉 ショーン・オブ・ザ・デッド」・・・などで知られるエドガー・
ライト監督が、音楽にのりながら驚異の運転テクニックを発揮する若きドライバ
ーの活躍を描いたオリジナル作品。天才的なドラインビングテクニックで犯罪者
の逃走を手助けする「逃がし屋」をしているベイビーは、子どもの頃の事故の後
遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽によって外界から遮断さえることで耳
鳴りが消え、驚くべき運転能力を発揮することができる。そのため、こだわりの
プレイリストが揃ったiPodが仕事の必需品だった。ある日、運命の女性デボラと
出会ったベイビーは、逃がし屋から足を洗うことを決めるが、ベイビーの才能を
惜しむ犯罪組織のボスに脅され、無謀な強盗に手を貸すことになる・・・
逃がし屋の映画はいくつか見た気がするけれど、これ、面白かった。
最近新聞に紹介されてましてね、探したらすぐ見つかって。
若い逃がし屋のシチュエーションが秀抜で、耳鳴り、音楽(聴くだけじゃなく声を
録音して作る)、優しい性格、車椅子で喋れない育ての親である年寄りの世話。
そうした物事の上に、こじつけのような借金が乗っかっている。この借金がもう
すぐなくなる(銀行などを襲う犯罪に加担して)という段階から、物語は始まる。
逃がし屋家業と恋が間違いなく不協和音を作って、カタストローフに突き進むの
がわかるんだけれど、眉をひそめて見る必要はない、話の進み具合に割と楽に
入り込め、身を任せておれる感覚。
いわば音楽に乗せられるようなところもあったかも。まるでワタシの得手な音楽
ではなかったのですが、、、まあ、リズムやろな。

あり得へんほどの運転技術は当然見どころなんですが、スペイシー(この頃悪
いうわさがありましたっけ)、フォックス、ハムなどの悪役ぶりもなかなか。
お話の流れやエンディングが陳腐にならないよう、うまくまとめ上げたと思いま
す。オリジナル作品とあるんだけれど、ほぼコミック。