休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

JOHN COLTRANE/EIGHT CLASSICS ALBUMS

イメージ 1
20180917(了)
JOHN COLTRANE/EIGHT CLASSICS ALBUMS
Disc1
(1)THE LAST TRANE (1957年8月16日、1958年1月10日&3月26日)
(2)INFORMAL JAZZ(With ELMO HOPE) (1956年5月7日)
Disc2
(3)A BLOWIN' SESSION(With JOHNNY GRIFFIN) (1957年4月6日)
(4)BLACK PEARLS (1958年5月23日)
Disc3
(5)SETTIN' THE PACE (1958年3月26日)
(6)KENNY BURRELL AND JOHN COLTRANE(1958年3月7日)
Disc4
(7)TRANEING IN(With THE RED GARLAND Trio) (1957年8月23日)
(8)ALL MORNIN’ LONG(With THE RED GARLAND Quintet
                                   (1957年11月15日)
  CD/2011年/ジャズ/4枚組/Real Gone Jazz/中古屋
 (1)(4)<★★★★>、(3)(5)(6)(7)(8)<★★★☆>、(2)<★★★>


イメージ 2

時間調整中に「Bの字」にて。
車に放り込んでおいて聴き、気が向いたら自室に持ち込む・・・
4枚もあると印象がまとまるまでにどうしても時間がかかります。
レコードの時代に、コルトレーンを集めかけた。あくまで‘集めかけた’だけ。
(1)(4)(6)(7)はLPを持っていて覚えているので、半分ですか。
まあどれも初めて聴くようなものです。好きなのですが、さほど根を詰めて
聴いてみようという気は実はありません。
学生時代は、インパルス時代の重いものを聴く機会が多かったから、クラ
シックでいうとブルックナーみたいな重量を感じていたはずです。さすがに
今はそういう感覚ではなくなりました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
アルバム8枚分、全てプレスティッジ。
コルトレーン熱は相当遠い昔になってしまったので、冷静に聴けました。
いちばんピリッとしていたのが(1)とか(4)かな。(1)は録音時期が別のも
のをくっつけてあるので、落穂拾い的に寄せ集めて出されたんだ。
ところが、コルトレーンがもっとも未熟で、その上録音が悪いのが、同じ1枚
目の(2)。そのあとのディスク、57年58年の録音では、いずれもここまでソ
ロが拙くないので、56年と57年の間には、飛躍があったんだろう。なんだか
そんなことだった気がする。
シーツ・オブ・サウンドが完成しているという感じの(4)。カッコイイ。技術は
完成したかもしれんが、はてさて、こういうリズムセクションでいいのかなぁ、
といった感じ。ドナルド・バードのソロではトレーンの向こうを張って、2曲目
で猛スピードの演奏が聴ける。
(3)のほうは、3本のテナーバトルが繰り広げられる。トランペットはリー・モ
ーガンだし、リズムセクションも、ベース以外は違う。早い話が雰囲気が違
っている。それにしてもここでのジョニー・グリフィンのソロはモノスゴイ。
(5)(6)はこの4枚の中では、落ち着いた雰囲気で地味。
トレーンも落ち着いていて、聴きやすいアルバム。
(7)(8)は、(4)(5)(6)に比べると、もうひとつかなあという感じだけれど、
無様に出だしのところが欠けているぐらいで (ま、小さい傷じゃないけど)、
出来が悪いというものでもなく、一皮むける前のトレーン。ガーランドのリズ
ムセクションが、しっかりサポートしている。


LP8枚分をとっかえひっかえ聴いていると、やはりリズムセクションがガーラン
ドのものがいい。ガーランドだって、たぶんこの辺りまでだったんでしょうけど。
で、ガーランド以外は、(2)のエルモ・ホープ、(3)のウィントン・ケリー、(6)の
トミー・フラナガンフラナガンは悪くないのだけれど、ホープはトレーンに会わ
ない感じだし、ケリーに至ってはほとんどでくの坊。ケリーは決して嫌いではな
いんですけどね、ここではアルバムの出来にも本当は大いに責任がある感じ。
グリフィンが猛烈なので、何とかサマになったというところ。

録音順に並べると
(2)、(3)、(1)*、(7)、(8)、(6)、(1)**、(5)、(4)
となります。
(2)が楽しめなかっただけで、それ以外はよかったと思います。
この続編風な「2」も、4枚組、8つのアルバムで、どうやらアトランティックのも
のが半分強というところらしい。
「3」もある。ところが、これがひどい繋ぎをやっているに違いない「7」アルバ
ム。
8枚分しこたま聴いたから、次はまたその気になったらということで。
懐かしかった。