休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

イメージ 1
 

20150114(了)
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート
  マーティン・スコセッシ監督/レオナルド・ディカプリオ/ジョナ・ヒル/
  ジャン・デュジャルダン/ロブ・ライナー/カイル・チャンドラー/
  マーゴット・ロビー/ジョン・ファブロー/マシュー・マコノヒー
  2013年/米映/179分/DVD/レンタル
  <★★>
 

(ネット解説から) 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画
化した実録ドラマ。1980年代から1990年代のウォール街で、若くして大金を稼ぎ、
その後証券詐欺の容疑で逮捕された彼の栄枯盛衰を見つめていく・・・
実録というからには、大半が真実なんだろうが、無学の裸一貫でもって、ウォール
街で犯罪的な株の売買手法で勝ち取る猛烈な成功、そしてついに露見して没落
してゆく。一攫千金やアメリカンドリーム、そのアップダウンの振幅の大きさは、い
かにもアメリカ的。
頭脳の冴えと緊張緩和と逃避のための薬物、その際限なくエスカレートしながら
の使用は、間違いなくカタストローフを予見させ、それがいつどうやって来るんだと
いらいら待たされる。伴うランチキ騒ぎの紊乱の度合いは、ただの映画、ある種の
戯画(本性の的確な表現)だとはいえ、「ワタシ自身の‘バカの壁’」による反応と
して、観ていて楽しくないどころか、相当に不快。
そして彼はめげないのですな。ご本人の回想録なんだし。
こうしたハチャメチャの生き様(金で金を作るという行為と狂気)を、金と時間をしっ
かりかけて作った映画。
さて、観て、何を感じたらいいのか、だからどうだと反応すればいいのか、まあ、
よくわからんですねえ。
株の売買に携わっておられる方はどうなんだろう、楽しめるのだろうか。
 
反面教師的な面が多いと理解もするのだけれど・・・、正直別世界。
楽しめる映画ではありませんでした。それに長かった、疲れた!!!