休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

仁鶴/初天神・貧乏花見

イメージ 1
20151230(了)
上方落語特選 笑福亭仁鶴 第一集
 ①初天神   17:50(1973.11.24)
 ②貧乏花見 30:05(1992.3.11)
   2004年7月/CD/落語/NHK/吉本/テイチク/図書館
前に聞いたざこばさんの「お玉牛」のまくらに、‘笑福亭’もひとこと
出てきたんだった。さて・・・
①子連れで出歩くなんてイヤだという父と、実にこまっしゃくれた男
の子が、カアチャンに言われて天神様へ連れ立って行く。その珍道
中とでもいうか、本来ならフツーのコンビが、実はフツーかどうか、
ちょっと怪しいかな?というおかしみ。でも・・・いたってフツーじゃなか
ろうか。
飴、みたらし団子、凧、、、いろんな店で引っかかって・・・
軽く楽しい。
②裏長屋、つまり貧乏人たちには、たまにはカッコをつけて花見をし
てみたいという夢がある。
酒も食い物も着て行くものもない、なんにもないけど、やってみよう
ということになって、食い物は残り物、お酒の代わりにお茶、その他
色々なものを持ち寄るという、アイデアで豪華なつもりになろう!
面白い話だけれど、サゲの前の山場がいまいち。面白くなり損ねて
いる感じだった。
でも仁鶴さん、思た通りおもろい。