休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

20200612(了)
映画『ジェミニマン』

  監督:アン・リー//ウィル・スミス/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/
             クライヴ・オーウェン
  音楽;ローン・バルフェ
  2019年製作/117分/G/アメリカ/原題:Gemini Man/DVDレンタル
  <★★△>

f:id:kikuy1113:20200623014428j:plain

<映画.com解説から> ・・・アン・リーがメガホンをとった近未来アクシ
ョン。史上最強とうたわれるスナイパーのヘンリーは政府に依頼されたミ
ッションを遂行中、何者かに襲撃される。自分の動きをすべて把握し、神
出鬼没な謎の襲撃者の正体は、秘密裏に作られた若い頃のヘンリーのクロ
ーンだった。その衝撃の事実を知ったヘンリーは、アメリカ国防情報局の
捜査官ダニーの協力を得ながら、政府を巻き込む巨大な陰謀の渦中へと身
を投じていく。


近未来SFで、主眼は人間のクローン。
ジェミニ計画」というのがあって、それに絡んでいる。
すごいスナイパーが、もうやめると言いだしてからのすったもんだという、
ちょっと柄の小さい話を、ふんだんにCGを使って描いてます。
クローンの目論見の意義は、気張って説明されるのですが、単純発想。
実際にあり得る話ではあるから、それを心配しなさいよ、という映画?
そうじゃないんでしょ?
スピーディーな展開やアクションを楽しめばよろしい・・・

どうでもいい話ですが、ある人のDNAなりを使って「作られた」クローン
人間は、元のDNAの持ち主と出逢ようなことになったら、(部品として使
われたり殺し合ったりしないなら) 一体どういう関係を築けばいいんだろ
う。父子/母子? 兄弟/姉妹? いやー、そうじゃないよなぁ。
ともあれ、描き方のヴァリエーションによっては『私を離さないで』みた
いになって、これなら文学扱い。でもって、かたや「ジェミニマン」は、
ほとんどギャグマンガ、かな。

気にしなくても、観た人は勝手に考えますって・・・

音楽担当は初めて聞く名前のようです。担当はたくさんこなしている人な
のですね。あまり観ないジャンルが多い。
ここでは、真面目でオーソドックスな劇伴。ちょっとやぼったい。ズンズ
ン・ドンドンのタイプよりはいいんですが、面白味はありませんでした。