休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

イメージ 1
20190507(了)
映画マンチェスター・バイ・ザ・シー Manchester by the Sea

  ケネス・ロナーガン監督//ケイシー・アフレック/ミシェル・ウィリアムズ/
                    カイル・チャンドラー/ルーカス・ヘッジズ/
  2016年/米映/137分/DVDレンタル
  <★★★△>

〈映画.com解説から〉 心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに
故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描いたヒュ
ーマンドラマ。・・・ アメリカ、ボストン郊外で便利屋として生計を立てるリーは、
兄ジョーの訃報を受けて故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻る。遺言で
ジョーの16歳の息子パトリックの後見人を任されたリーだったが、故郷の町に
留まることはリーにとって忘れられない過去の悲劇と向き合うことでもあった。

主役と脚本でオスカーを獲った、評価の高かった作品。
どうも暗そうで、観るの、延ばし延ばししてきたんですけどね、、、
どういう映画なのかやっとわかりました。
「こっぴどい悲劇によって壊れた心の再生」
時間が解決してくれるかどうかなんて、わかったもんじゃない。これがいかに
大変なものか。
ニューイングランドの寒々とした景色の中、死んだような心の持ち主にも様々
なことが起き、時に鬱屈故の爆発もあったりするものの、必然のように過去
のさまざまなシーンが回想されたりしつつ、徐々に徐々に気持ちの通じ合い
という魔法が効能を発揮し始め、心の穴倉の奥のほうにも沁み込んでいく。
その過程のおはなし。
たいへんなつらさも、そのほぐれ具合も、とても自然でわかりやすかったです
ね。
それにしては★数が少ないんじゃないかと言われそうだが、まあこれは好み
の問題ですから。

音楽はほぼソースミュージック。残念ながら‛ドラマティック・アンダースコア
じゃなかった。
クラシックも使われていて、ヘンデルの「メサイア」から複数曲、アルビノーニ
の有名曲や器楽曲。マスネーのものなど。正直言ってたいそうつまらなかっ
た。
ポップス系はもともと興味が乏しい。エリントンの曲をエラ・フィッツジェラルド
が歌っているのにはっとしたぐらいだったんじゃないかな、音楽でマシだなと
思えたのはこれのみ。