休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

『刑事ヴァランダー シーズン1』第1話

イメージ 1


20190529(了)
『刑事ヴァランダー シーズン1』
  第1話 目くらましの道 Sidetracked
  監督:フィリップ・マーティン//ケネス・ブラナー/デヴィッド・ワーナー
                    トム・ヒドルストン
  2008年/英BBC/TVドラマ
  <★★★△>

(ネットの解説から) 俳優・監督のケネス・ブラナーが制作総指揮・主演を務
め、英BBCで2008年に放送されたミステリードラマ。ヘニング・マンケルのベ
ストセラー小説を映像化したもので、スウェーデンの小都市イースタを舞台に、
長年連れ添った妻と別れ、痴呆症を患う父を持つベテラン刑事クルト・ヴァラ
ンダーが、荒れた私生活に悩みながらも仕事では抜群の嗅覚を発揮する姿
を描く。
(平和な夏の始まりを少女の焼身自殺で迎えたヴァランダー警部。そして追い
打ちをかけるように、事件発生の通報が入った。少女の焼身自殺と政治家の
殺害に何の関連があるのか?)
舞台であるスウェーデンでのロケをやったりして作られたそうな。
作ったのはブラナーを中心に英BBC。なので、英語。
タイトルが‘ヴァランダー’となっているもんだから、米大リーグ(野球)のアスト
ロズにいるピッチャー(‘ヴァーランダー’と伸ばす。今季絶好調!)とひょっとす
ると同じ名かと思ったら、どうやらスウェーデン語ではヴァランダーのようだが、
英語じゃ‘ウォランダー’と言っていた。
海外ミステリーではたいそう有名なヘニング・マンケルの原作だというので、
DVDを借りてみる気になりました。マンケル、恥ずかしながら一作も読んだこ
とがありませんで、だからなんですけどね。
暗く凄惨な話をそれなりの重さで描いてますね。1話1時間半。
お話としてはなんとなくデジャヴ感がありました。こういうの、けっこう観てしま
っているからでしょう。
いつもの近所のTsutayaではシーズン1の3枚のDVDが置いてあっただけです
が、実際にはシーズン4ぐらいまであるようです。
残り2枚は観てもいい。でも、鑑賞記はどうしようかな・・・ 全3枚が面白けれ
ば、全シーズン観てもいいと思うかもしれません。基本、行き当たりばった
りなので、取り寄せて観るなんてことは実はやったことがありませんけど。
音楽は割と真面目なドラマティック・アンダースコアでした。作曲者やオーケス
トレーターなどは書かれてません。
そうそう、見た顔だと思ったら、トム・ヒドルストンが同僚の刑事役で出ていま
した。個性は全然出てなかった。この後、マーヴェルものに出るんやね。その
あと、「Dc.HOUSE」のヒュー・ローリーと出ていた『ナイトマネージャー』はと
きどき観ましたが、なかなかよかった。