休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

循環器系検診、付き添い

3/29(水)

(体重のメモ、カット!)
オフクロの病院行きはわかっていたが、寝坊。
なまじ近いもんだから、たかを括る、なめる・・・
9時半に目が覚め、髭剃りと歯磨きのみであたふた「ホーム」へ。
玄関で、用意万端、車いすに乗って待ち構えていた。
10時半ごろには病院着。
・・・
循環器系の定期検診。結果は、特に別条なし。  気にしている
喉の付け根、右前あたりのしこりは静脈の蛇行、まあけっこう太い
大きなものではあるが、脈打ったとしても特に心配することもない
だろうという見立て。そのために採血の後、エコー検査もやっても
らってのこと。
リンパ節でも、ましてや動脈(瘤)でもなかったわけで、やれやれ。
大繁盛のコメダに寄って帰った。(安心したか、よく食っていた。)
ホーム着は14時半近く。
食事の時オフクロの隣に座るMさんが、3月末でここを去り、河内長
野市の小さいホームに移るという。
聞いていたことだが、寂しいようだ。話ができる人がまたいなくなる
のだ。話が通じる人が極端に少ない!!! 本人も我々も予想を
していたこと。
このMさんは先斗町あたりの出らしいこと、男のあしらいがうまいこと、
猛烈な偏食であること、体中から脂分が染み出るという特異体質!の
持ち主であること、、、
新聞復習・・・
イメージ 1
イメージ 2
天声人語、この頃不作。
でもこの言葉に関する問題提起は、今更だが賛成。
文科省のひどさ、絶句。仕事の斡旋のこと、どうなったんだ・・・

イメージ 3
・「核禁止条約交渉 日本参加せず」
何に配慮しただって?
これにも、あきれて絶句。

イメージ 4
・「日本コロムビア 完全子会社へ」
かつていた業界のこと。こういうのはたくさんあって、ほとんど見逃し
て来たことになろうが、、、たまたま目についた。
音楽配信の会社の子会社かぁ。いかにも、という感じ。
死んだ子の歳を数えるに似る、、、
まだ「著作権」関係から逃げまくっている「中華」には、この気持ちは
わかってもらえないに違いない。(わかってくれと言っているわけじゃ
ない)
・あらあら、片山さんのここでの「文芸時評、もう読めないのか。
残念。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
(村上の小説の解釈がこれまで読んだものと結構違うのがいい。
でも、とにかく表面的にはめくるめく読書体験、なんていう感じ
なのでしょうね。こんな解説みたいなのを頭に入れたところで、
自分で読んだら、きっと大混乱だろうなあ。)