休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

映画『ゾンビランド』

イメージ 1
20161220(了)
映画『ゾンビランド』 ZOMBIELAND
  ルーベン・フライシャー監督//ジェシー・アイゼンバーグ/
  ウディ・ハレルソン/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン/
  ビル・マーレイ
  2009年/米映/88分/DVDレンタル
  <★★★△>

Amazon紹介文) 新型ウイルスの爆発感染で人類の大半が人喰いゾン
ビになってしまった世界で、引きこもり青年のコロンバスは、“生き残るた
めの32のルール”を作り実践して生き延びてきた。両親の住むオハイオ
州コロンバスへ向かっていたコロンバスは、最強のハンターのタラハシ
ー、美人詐欺姉妹ウィチタとリトルロックと出会い、ゾンビがいないと噂さ
れるロサンゼルス郊外にある遊園地“パシフィックランド”を目指すことに
する・・・
ショーン・オブ・ザ・デッド」のような、微妙なおかし味のタイプやない、
へんにリアリズムを持ち込まず、大ざっぱと言えばそうなんやけれど、軽
くて乗りよくできた”楽しいゾンビ”もの。
ゾンビに遭遇すると、いちいち出てくるコロンバス君の32か条(そんなに
あったっけ?)が笑わせる。
共にホラーコメディなんて言い方にはなるんだろうが、怖さというか、ゾワ
ゾワ感となると「ショーン・オブ・・・」のほうに分があるかもね。
この遊園地にだけゾンビがいないなんてのは、考えればヘンではあるけ
れど、そんなことをとやかく言ってもしょうがない。最後はそこへ収斂して、
とにかく大騒ぎ。
出てくるキャラが全員可愛く、バランスよく動いて、お話の進み具合も‘不
自然さ’や停滞感が少ない。
人気があるのは分かる。