休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

桂 米朝/落語と私

イメージ 1
 
20150624(了)
米朝/落語と私
  はじめに
  プロローグ エー、毎度バカバカしいお笑いを一席
  第一章 話芸としての落語
  第二章 作品としての落語
  第三章 寄席のながれ
  第四章 落語史上」の人びと
  エピローグ 言いたりないままに  
       解説 矢野誠一
    1986年3月/入門書/文春文庫/単行本昭和50年11月ポプラ社/
     Net/中古
    <★★★★△>
 
(カバー惹句) 落語の歴史、寄席の歴史、東京と上方の違い、講談、漫談との
ちがい、落語は文学か、女の落語家はなぜいないか等々、当代一流の落語
家にして文化人が、落語にかんするすべてをやさしく、しかも奥行き深い薀蓄
をかたむけて語る。初心者も落語通も納得してヒザを叩き、落語を聞く楽しみ
が倍増する名著。
ポプラ・ブックスで出た時は「中学年以上」となっていたんで児童書の書架に
並べられたんだって。言葉遣いは優しいけれど、解説の矢野誠一氏によれば、
ボルテージを下げるような安易な配慮が全くされておらず、「落語や落語家の
本質を、これだけ具体的に、しかも平易に説いた入門書」を他の誰も(その時
点まで)生めていない!と、絶賛している。
ワタシ、米朝さんが亡くなったからこそ、読む気になったわけですけどね、落語
にまるで不案内なもので、この本、ほんとうに面白かった。
数年前に志ん生さんのエッセイもめちゃくちゃ面白くて、リアルに覚えてますけ
ど、落語自体はこのところほんのわずかしか聴いたことがない。むしろもっと若
い時にはなぜか時々聴いていた。それが今は皆目。寄席なんて行ったことも
ない。
この本、入門書として最高でしょう。なんてね、他を知らないで書くことでもあり
ませんが・・・ それはともかく、聴いてみたい気にはなったんだから何よりとは
いえ、本来なら寄席へ行くのが先だろう。そう、本書にも書いてある。
でもそれはちょっと難しい。よって、CDになる、か。とまれ聴いてみるべし・・・
で、なにから?
Bookoffには確か在庫がなかった・・・
 
    (大阪の街中に出ていくのがそんなに難しいことか・・・)
    (・・・図書館に行ってみよう。)
 
イメージ 2
イメージ 3