休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

ラフマニノフ/前奏曲から

イメージ 1
 

20140516(了)
ラフマニノフ
(1)前奏曲集 作品23より
  ①第1番 3:52  ②第2番 3:25  ③第4番 4:13
  ④第5番 3:45  ⑤第7番 2:25  ⑥第8番 3:07
(2)前奏曲集 作品32より
  ⑦第1番 1:12  ⑧第2番 3:04  ⑨第6番 1:19 
  ⑩第7番 2:11  ⑪第9番 2:35  ⑫第10番 5:22
  ⑬第12番 2:18
  スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)
  録音:1971年9月、ザルツブルク、クレスハイム宮殿
  1986年/CD/器楽曲/メロディア/ビクター/邦盤/中古
  <★★★△>
中古屋の廉価コーナーからなんとなく買い込んでいたもの。
名作の名演奏に付け加えることなんかないので、何を書いたらいいもの
か。
ぱっと思い浮かんだのは、ピアノの音の暖かさとか、音楽への演奏者の
共感とかその表現意欲みたいなもんかなあ。
言いかえ過ぎかもしれないが、正直言うと、どこか不安、不安定な感じが
あったのね。ピアノの音(自体?)に。
近頃の音の録り方じゃないんだろうなぁ。
なんというか、ものすごく“生身”に聞こえた。(ワタシの限界かも)