休みには中古屋のはしごⅢ

基本音楽鑑賞のつもり。ほかに映画・本・日記的なもの・ペットなど。

映画『特捜部Q カルテ番号64』

f:id:kikuy1113:20190814025855j:plain

20190802(了)
映画『特捜部Q カルテ番号64』 Journal 64
 
  監督:クリストファー・ボー//ニコライ・リー・カース/ファレス・ファレス/
                   ヨハンネ・ルイズ・シュミット
  原作:ユッシ・エーズラ・オールソン
  音楽:アントニー・レド
  2018年/デンマーク・ドイツ合作/100分/DVDレンタル
  <★★★☆>

 

<映画.com解説から> ・・・小説「特捜部Q」の映画化第4作。過去の未

解決事件を専門に扱うコペンハーゲン警察の新部署「特捜部Q」。今
回彼らが挑むのは、1980年代に起きたナイトクラブのマダム失踪事件。
調査によると、ほぼ同時に5人の行方不明者が出ているという。やがて、
壮絶な過去を抱える老女と、新進政党の関係者が捜査線上に浮上す
る・・・
 
ともに特異なキャラのカールとアサドの間に亀裂かと思わせる変なム
ード。
いつものように人を寄せ付けないカールは、30なん年だかも前の事件
に猛然と突き進み始め、アサドも転勤寸前の短い時間を、その事件に
一緒についやすことにする。 
見つかった複数の死体、いろいろありそうな老女、新進政党などがある
島に昔あった施設に繋がっているようなんだが・・・
カールやアサド、それにパートタイマー的な女子職員にも危険が迫る。
根っこは今風な、実に厄介なもの。
匂わすなにを言ってもネタバレになってしまうので、言えないのですけ
どね。
解決部分のサスペンスではいささかもたつきますが、米国のテレビドラ
マのヒーローじゃないんだから、快刀乱麻というわけにはいかないけれ
ど、それでもこれはシリーズもの。これはこれでいいんじゃないでしょう
か。
 
とはいえ、テレビ向きと言えるかもしれません。古臭くて真面目なドラマ
作り。訴えかける力はなかなかに強く、原作の意図をしっかり受け止め
て作られているんじゃないかと思いました。
困ったことにというべきか、もろに・・・社会風刺たり得ていました。
 
今回の音楽はオーケストラをわりとおおらかに鳴らしてましたね。以前
の2作か3作はこんなに鳴らしてなかったと思うなぁ。